本文へ移動

TDF2020 第14ステージでLuka Mezgec 選手2位!Adam Yates選手は総合5 位。

Photo BY  Getty Images Mitchelton-SCOTT Twitter 
 
 
8/29 にTour de France がフランスのリゾート地、Nice でスタートしました。通常の7月開催から遅れ、9/20 までの3週間で争われます。
 
Mitchelton-SCOTT チームは総合のエースにAdam Yates 選手を据えて奮闘中です。
第5ステージのレース後に首位の Julian Alaphilippe 選手に20秒のペナルティ(補給禁止区間でボトルを受け取った為)があり、繰り上げで8秒差の2位につけていた Adam Yates 選手がイエロージャージを手に入れました。
思いがけず手に入れたイエロージャージ。Mitchelton-SCOTT チームとAdam Yates 選手はこれを必死に第8ステージまで守り抜きました。第9ステージで総合8位まで順位を下げたものの、第15ステージ終了時点では 2分3秒差の5位につけています。
 
 
9/8 最初の休息日明けの第10ステージは平坦な168.5kmでした
休息日までに行われたPCR検査の結果、Mitchelton-SCOTT チームのスタッフから1名の陽性者が出ました。幸いにも選手ではなく、1チーム30名の中から2名以上では無かったため、チームのレース参加は認められました。
さらには、大会責任者のChristian Prudhomme さんにも陽性が出たため、レースを離れました。
 
スタートしてすぐにに決まった2名の逃げが残り100km地点で捕まると、高速で牽引される集団ではこの日も落車が頻発します。Mitchelton-SCOTT チームのSam Bewley 選手も落車し、レースを去りました。
 
決定的な逃げを決めさせないように集団を総合首位のPrimož Roglič 選手の Team Jumbo-Visma が残り3kmまでコントロールし、そこを過ぎるとスプリンターとそのアシスト達のス見せ場になりました。
有力スプリンターが遅れることなく揃ったゴールスプリントをDeceuninck - Quick Step チームの Sam Bennett 選手が制し、TDF初勝利をあげました。
Mitchelton-SCOTT チームの Luka Mezgec 選手は10位に入賞。
レース後のインタビューには以下のように答えています。
 
「このステージは今回のTDFで最初の適切なツアーステージだったと思います。道路には多くの人が集まっていて、最初からストレスが多く、危険な中央分離帯と道路の備品も各所に有ったので、終日ポジションを争わなければなりませんでした。 クラッシュの1つでチームはSam(Bewley 選手)を失ってしまいました」
「重要なポイントは、橋の手前で集団の前方にいることでした。チームとしてこれをうまく管理できたと思います。全員が前にいて、その後、道路が逆風に変わったとき、実際にはかなりリラックスしていました」
「残り4kmで、スプリントに向けて進み始めました。Daryl (Impey 選手)は私をトップ20のバブルに連れて行きました。残り2 kmの直前に、Jack (Bauer 選手)は左側の前に向かって私を連れてきました。Caleb (Ewan 選手) の後ろの良いポジションにいた。集団がゴール前のバリアに近づくと、残り500mmで(Peter)Sagan (選手)がバリアに入った。ブレーキをかけなければならず、スピードを失い、ポジションを失い10位に終わりました
 
 
Tour de France Stage 10 - Results:
1. Sam Bennett (Deceuninck - Quick Step) 3:35:22
2. Caleb Ewan (Lotto-Soudal) ST
3. Peter Sagan (BORA-hansgrohe) ST
10. Luka Mezgec (Mitchelton-SCOTT) ST
 
Tour de France - General Classification:
1. Primož Roglič (Team Jumbo-Visma) 42:15:23
2. Egan Bernal (INEOS Grenadiers) +0:21
3. Guillaume Martin (Cofidis) +0:28
8. Adam Yates (Mitchelton-SCOTT) +1:0
Photo courtesy of Getty Images. Mitchelton-SCOTT HP
 
STRESSFUL RE-START | 2020 TOUR DE FRANCE - STAGE 10
 
 
 
 
 
 
 
 
9/9 第11ステージは上り下りは有るものの比較的フラットな平坦コースの167.5km
中間地点に4級山岳が1つ有りますが、それを超えてからは比較的下り、平坦がゴールまで続くコース設定で集団ゴールスプリントが2日続けて展開されました。
4名横一線のゴールスプリントを制して優勝したのはLotto Soudal チームの Caleb Ewan 選手。2年前までMitchelton-SCOTT チーム所属だったPocket Rocket はゴールスプリントに高い比重を置くチーム編成を求めて移籍しましたが、十分なアシストを受け、完全な平坦コースでは強力な強さを見せています。
レース後、2位でゴールしたPeter Sagan 選手(BORA Hansgrohe) はゴール前の危険行為で集団最後尾への降着処分、そのSagan 選手に不適切な発言をしたとして、繰上り3位の Wout van Aert  選手 (Team Jumbo Visma) には罰金が科せられました。
 
 
Tour de France – Stage 11 Results:
1. Caleb Ewan (Lotto Soudal) 4:00:01
2. Sam Bennett (Deceuninck Quickstep) ST
4. Wout van Aert (Team Jumbo Visma) ST
7. Luka Mezgec (Mitchelton-SCOTT) ST 
 
Tour de France – General Classification after Stage 11:
1. Primoz Roglic (Team Jumbo Visma) 46:15:24
2. Egan Bernal (INEOS Grenadiers) +0:21
3. Guillaume Martin (Cofidis, Solutions Credit) +0:28
8. Adam Yates (Mitchelton-SCOTT) +1:02)
3. Guillaume Martin (Cofidis Solutions Crédits) +0:09
Photo courtesy of Getty Images and A.S.O./Pauline Ballet. Mitchelton-SCOTT HP
 
STRAIGHTFORWARD SPRINT DAY | 2020 TOUR DE FRANCE - STAGE 11
 
 
 
 
 
 
 
 
9/10 第12ステージは2つの4級山岳、3級山岳、ボーナスタイム付き2級山岳と続く、今大会最長距離の218kmでした
スタート直後からアタックが続き、最初の1時間の平均速度は51.4kmと超高速。
その後ようやく形成された逃げ集団も勝負どころの前で吸収され、最終的にはTeam Sunweb の Marc Hirschi 選手の単独逃げ切りが決まりました。Hirschi 選手は今大会3度目の挑戦での勝利。
Adam Yates 選手は他の有力勢と共にトップから2分30秒遅れの21位でゴールし、総合8位をキープしました。
強烈なコースとステージ優勝争いの1日でしたが、Matt White 監督はレース後のインタビューで、
「Hirschi 選手を捕まえることが不可能だとわかったとき、私達は別の日のためにエネルギーを節約するための作戦に切り替えた」と語りました。
 
 
Tour de France – Stage 12 Results:
1. Marc Hirschi (Team Sunweb) 5:08:49
2. Pierre Rolland (B&B Hotels – Vital Concept) +0:47
3. Soren Krach Andersen (Team Sunweb) +0:52
21. Adam Yates (Mitchelton-SCOTT) +2:30
 
Tour de France – General Classification after Stage 12:
1. Primoz Roglic (Team Jumbo Visma) 51:26:43
2. Egan Bernal (INEOS Grenadiers) +0:21
3. Guillaume Martin (Cofidis, Solutions Credits) +0:28
8. Adam Yates (Mitchelton-SCOTT) +1:02
Photo courtesy of Getty Images and A.S.O./Pauline Ballet. Mitchelton-SCOTT HP
 
NOT TO PLAN | 2020 TOUR DE FRANCE - STAGE 12
 
 
 
 
 
 
 
 
9/11 第13ステージはスタート直後の1級山岳に始まり、いくつもの山岳が続き、ゴール前にボーナスタイム付きの2級山岳が設定。1級山岳登りゴールと大きなタイム差の付く可能性の有る山岳コースでした。
 
レースは最後の1級山岳で逃げていたBORA Honsgrohe チームの Maximillian Schachmann選手に、EF Pro Cycling チームの Daniel Martinez 選手と同じBORA Honsgrohe チームの Lennard Kamna選手が共に追いつき、2名いるBORA チームが俄然有利と思われるも、登坂力に優れるDaniel Martinez 選手がステージ優勝を飾ります。
 
総合勢では12位にPrimoz Roglic 選手 (Team Jumbo Visma) 、同タイムの13位にTadej Pogacar (UAE Team Emirates) とスロベニア人の2人が続き、昨年の優勝者、Egan Bernal 選手 (INEOS Grenadiers) は6分43秒遅れの18位。Adam Yates 選手は6分45秒遅れの20位でした。
 
ゴール後のインタビューでAdam Yates 選手は以下のように語っています。
 
「本当に大変な1日でした。チームメイトたちは本当に一生懸命頑張った。 アシスト役の選手たちが私の周りを回り、私に水分を補給し、その時のために補給食を供給しました、それは厳しい一日でした」  
「足は大丈夫です。特別なことは何もありませんが、毎日自分がどんどん良くなっていて、本来の自分を感じられているようになってきています
 
 
Tour de France – Stage 13 Results:
1. Daniel Martinez (EF Pro Cycling) 5:01:47
2. Lennard Kamna (BORA Hansgrohe) +0:04
3. Maximillian Schachmann (BORA Honsgrohe) +0:51
20. Adam Yates (Mitchelton-SCOTT) +6:45 
 
Tour de France – General Classification after Stage 13:
1. Primoz Roglic (Team Jumbo Visma) 56:34:35
2. Tadej Pogacar (UAE Team Emirates) +0:44
3. Egan Bernal (INEOS Grenadiers) +0:59
7. Adam Yates (Mitchelton-SCOTT) +1:42
 
Photo courtesy of Getty Images and A.S.O./Pauline Ballet. Mitchelton-SCOTT HP
 
HANGIN' OUT | 2020 TOUR DE FRANCE - STAGE 13
 
 
 
 
 
 
 
9/12 第14ステージは194kmのステージでした。
途中に強烈な上りが複数有るものの、その後には長い下りが有り、スプリンター達にも可能性があると見られたステージ。
比較的上りもこなせるPeter Sagan 選手がエースの BORA Hansgrohe チームが最初の2級山岳で集団のペースを上げ、ピュアスプリンターを集団から振るい落とします。この動きに CCC Team も同調し集団を牽引しました。この結果、後方集団のスプリンターチームは必死に追いついたとしてもエースが脚が残らず、勝負にならないと追うのをあきらめます。
 
後方が追わなくなり、一定ペースで進んだ集団から4級山岳でTeam Sunweb のベルギー人選手、Tiesj Benoot 選手が抜け出すも残り8㎞で吸収されます。ここからTeam Sunweb は連続的に攻撃を仕掛け、コーナーで絶妙なタイミングで仕掛けた Soren Kragh Andersen 選手が単独逃げ切り勝利をあげました。
 
15秒遅れの集団では2位争いのゴールスプリントになり、Mitchelton-SCOTT チームのスロベニア人、Luka Mezgec 選手が先頭でゴールしました。
 
レース後のインタビューでは以下のように語っています。
 
「今日がツール・ド・フランスのステージで優勝できる大きなチャンスだと思っていたので、それを逃がしてしまい、甘酸っぱい思いと失望が有りますが、私にとって初めてのツール・ド・フランスであり、自分の体調が良いことを知っています」
「(DECEUNINCK - QUICK - STEP チームの Julian) Alaphilippe 選手の攻撃があることは誰もが知っていました。私たちは彼を追いかけようとしましたが、彼はアタックを決め切れませんでした」
「BORA-hansgrohe はとても強力で、誰もが彼らが何をしようとしているのかを知っていて、彼らはそれをしました。登りは難しく、決勝はさらに難しくなりました。」
 
 
 
Tour de France – Stage 14 Results:
1. Soren Kragh Andersen (Team Sunweb) 4:28:10
2. Luka Mezgec (Mitchelton-SCOTT) +0:15
3. Simone Consonni (Cofidis, Solutions Credit) +0:15
 
Tour de France – General Classification after Stage 14:
1. Primoz Roglic (Team Jumbo Visma) 61:03:00
2. Tadej Pogacar (UAE Team Emirates) +0:44
3. Egan Bernal (INEOS Grenadiers) +0:59
7. Adam Yates (Mitchelton-SCOTT) +1:42
Photo courtesy of Getty Images and A.S.O./Pauline Ballet. Mitchelton-SCOTT HP
 
ONE STEP AWAY | 2020 TOUR DE FRANCE - STAGE 14
 
 
 
 
 
 
 
9/13 第15ステージは174.5km、登りゴールのステージでした。
1級山岳を2つ続けて上り、超級山岳の上りゴールのステージは調子が悪いと大きく差が付いてしまいうるコースプロフィール。
総合勢で遅れる選手がいる中、Adam Yates 選手は終盤にアタックをかけるなど元気なところを見せ、遅れを最小にとどめました。順位は2つ上がり、総合5位で2週目を終えました。
レース後のインタビューでは以下のように語っています。
 
「私は休みの直前に何かを試したかったし、日々調子が良くなっていましたが、それは最後の1〜2キロにまで到達したくなかった」
「私は前日は集団内で遅れつつあり、前走者のホイールの後ろに付くだけで本当に苦しんでいた。今日は上りでアタックをかけ、その後の少しの平坦部分で休憩しようとしましたが、Team Jumbo Visma はそれをさせてくれませんでした。動いてみましたが、彼らは私を集団に引き戻しました」
「良い休息日を過ごすことができ、アルプスのステージでいくつかの良いレースができることを願っています。」 
 
 
 
Tour de France – Stage 15 Results:
1. Tadej Pogacar (UAE Team Emirates) 4:34:13
2. Primoz Roglic (Team Jumbo Visma) ST
3. Richie Porte (Trek-Segafredo) +0:05
8. Adam Yates (Mitchelton-SCOTT) +0:15
 
Tour de France – General Classification after Stage 15:
1. Primoz Roglic (Team Jumbo Visma) 65:37:07
2. Tadej Pogacar (UAE Team Emirates) +0:40
3. Rigoberto Uran (EF Pro Cycling) +1:34
5. Adam Yates (Mitchelton-SCOTT) +2:03 
TOPへ戻る