本文へ移動

SCALE eRIDE JAPAN SPEC LIMITED

 
E-BIKEの本場であるヨーロッパ、スイスに本拠地を構えるSCOTT。
昨今の国内E-BIKEブームが訪れる遥か以前より、SCOTTではE-BIKEを開発、展開していました。
 
既にヨーロッパでは、E-BIKEがスポーツバイクの中でも中核を成すレベルまで普及し、多くのライダーの相棒として活躍しています。
 
マウンテンバイクを始めコミューターバイク、ジュニアバイクまでもE-BIKE化している中、
日本国内の公道を電動アシスト自転車として走行するには、アシスト出力の規制があるために国内導入までに多くの問題と障害がありました。
そして、いよいよ今シーズンより、日本国内にSCOTTのE-BIKE、eRIDEが登場いたしました。
 
 
SCOTT eRIDEはアスリート向けでは無く、長い距離の走行や登坂等に対して脚力をパワーユニットにより補う事で、誰でも自由に山や都会を駆け巡れるようにと生まれて来たものです。
 
今まで挑む事すら出来なかったトレイルライドへも、誰もが気軽に楽しく入り込むことが出来る、革新的な物となりました。
いままで一人で走っていたトレイルも、eRIDEがあれば奥様やお子様とご一緒にその楽しさを満喫出来、家族皆で楽しむ事も可能になりますよ。
 
日々のライディングをより身近な物にし、更に広く視野を広げる事が可能になるSCOTT eRIDE。
SCOTTが新しいバイクライフを皆様にお届けいたします。
 
SCOTTが日本国内で展開するEマウンテンバイク「eRIDE」の第1弾として5月に発売したフルサスペンションモデル
 
そして、今回ご紹介いたします第2弾は、ハードテイルバイクとして、より幅広い用途に使用いただけるバイクとして開発したモデル。
 
 
もちろん、日本国内の法規に合わせてチューニングされたBOSCH社製パワーユニットを搭載しています。
 
既にマウンテンバイクで山を本格的に楽しまれている方から、これからマウンテンバイクを始めてみたい方まで、全てのライダーの方が安心して乗れるバイクをコンセプトに企画いたしました。
 
サスペンションはフロントのみのハードテイルフレームにする事で、足つきの良さを確保。
そして、バイクの動きをライダーがリニアに感じ取る事ができる事で、キビキビとしたハンドリングによるバイク操作とコントロールする楽しさをお楽しみいただけるようになっています。
 
自由自在にバイクを操り、「進む、曲がる、止まる」という事をもっと楽しめる事。
そこに電動アシストユニットのパワーでどこまでも走り続けられる嬉しさをプラスする事で、今まで体感した事の無かった素晴らしい非日常をより身近に満喫いただけるようになります。
 
ご自宅から山へ自走で行き、ハイキング&トレイルライディング!
ご自宅から会社や学校への快適で楽しいアプローチライディング!
 
本格マウンテンバイクの性能を持ちながらも、扱いやすさも兼ね備えたバイクに仕上げておりますので、日常の楽しい移動手段としてもお使いいただけるようになっています。
SCOTT JAPANがより多くの皆様に楽しんで乗っていただきたい想いで企画したモデル「SCALE eRIDE」をより細かくご紹介いたします。
 
先ずはスタイリングから!
SCOTTのeRIDEシリーズはマウンテンバイクならではのワイルドなイメージを与えながらも、洗練されたシンプルなデザインで構成。
 
ダウンチューブ内に内蔵されるインチューブ式バッテリーシステムも独自のフレーム製法により剛性を保ちながらも非常にコンパクトに纏め上げています。
ヘッド周辺やトップチューブ、シートチューブも一般的にはストレートなデザインで済ませてしまう部分ですが、妥協の無き絶妙なラインでフレームにボリュームを与え美しさをもたらせています。
 
この辺りがお洒落と精度、性能に拘るスイスブランドの素晴らしい部分ですね。
 
ただゴツいだけではない直線と曲線の美しい融合が、山でも都会でも映えるデザインに纏まっています。
 
カラーリングを見て行きましょう!
 
今回の日本限定カラーは、これまた言葉ではお伝えしきれない絶妙なカラーに仕上げています。
ベースはマットグリーンなのですが、日差しが当たると明るめのグリーンが顔を覗かせ、表面の細かなメタリックの質感と相まって何とも言えぬ存在感を放ちます。
 
そして、日陰や室内等で見ると殆ど黒く見えるために、1日のライディングでは様々な印象をもたれしてくれるカラーとなっています。
ヨーロッパのスポーツカーを彷彿させるスポーティーな印象と、普段着やスーツ等でも合わせやすい強い主張の少ない部分もシチュエーションを選ばれない使い方にマッチしています。
 
フレームカラーにアクセントを与えるネオンイエローのロゴラインが良く似合います。
 
トップチューブ部分は美しい光沢のメタリックネオンイエローでその気にさせてくれます。
 
バッテリーシステムはBOSCH製パワーチューブ500を採用。
フレーム内に内臓される事で全く違和感の無い美しいデザインを実現しています。
着脱も簡単ですので、バイクから取り外してご自宅での充電が可能です。
 
シートチューブからダイレクト接続も可能になっています。
 
パワーユニットはBOSCH社製Active Line PLUSを採用。
ペダリング開始からスムーズなアシスト駆動を発揮し、確実なトラクションを確保。
登坂時では路面を確実に掴みバイクを前へと押し上げる心地よいトルクと、ストップ&ゴーでは急な加速によるスリップを抑え扱いやすさをもたらしています。
 
eRIDE第1弾のGENIUS eRIDEではエンデューロレース等での急旋回やコーナーの立ち上がり加速等を重視したために、発進時のレスポンスや加速時の瞬発トルクを意識してのパワーユニット「Performance CX」を採用していましたが、今回のSCALE eRIDEでは、スムーズな駆動と扱いやすさを持ちつつ、パワフルな登坂も可能にするために、「Active Line Plus」をセレクト。
 
ペダリングパワーを入力に応じたリニアでスムーズなアシストとなっています。
クロスカントリー、ハイキングライドのようなエンデュランス的な使用と、クロスバイクの様な街中をクルージングするようなバイクに適したパワー特性になっています。
一般的には後乗せ感の強い作りが多い中、専用フレームならではの美しい一体化を持たせて搭載しています。
 
ユニット下部にガード類も専用設計とし、自然な仕上がりを見せています。
 
操作ディスプレイには、お馴染みのBOSCH社製「Purion」
簡単な操作で直感的にパワー設定の変更を指一本で行う事が可能。
「ECO/TOUR/SPORTS/TURBO」の4モードとなっております。
 
フロントサスペンションでは、走行するシチュエーションに合わせてロックアウト機構を
手元のレバーで操作が可能。
比較的フラットな路面や登坂時にダイレクトなハンドリングをお楽しみいただけます。
 
ディスクブレーキは扱いやすさとストッピングパワーのバランスを兼ね備えた180mmローター仕様。
 
トレイルでの下り時の細かなブレーキ操作も安心です。
 
トレイルライドでのタイヤの転がり性能とグリップ感の両立。
そして、都会でのクロスバイク的な使い方も想定したタイヤセッティングとして、KENDA社製「BOOSTER」を採用。
 
細かなブロック形状のトレッドパターンを持つクロスカントリータイヤとなっています。
 
サドルもクロスカントリー仕様のSyncros ER2.5
 
山でのトレイルライドは行いながらも、普段からこのバイクで街を駆け巡りたい方も多くいらっしゃると思います。
そんな方には、何とSCALE eRIDE専用のスタンドもリリース予定です。マウンテンフィールドだけでなく、日々の生活でもSCALE eRIDEが活躍してくれますよ!
チェーンステー部にボルトオンで取付可能ですので、用途に応じて着脱も可能です。
 
いかがでしたでしょうか?
 
世界で活躍するマウンテンバイクの開発テクノロジーとノウハウ、各バイクの持つ本来のパフォーマンスに更にeRIDEシステムによるパワーアシストを追加したSCADE eRIDE
 
自然の中を素晴らしい景色と共に楽しむ事から
都会を縦横無尽に駆けめぐるコミューターバイクとしての使い方まで。
SCOTTが自信を持って皆様にご提供する本格E-MTBで是非素敵な非日常をお楽しみください。
 
 
※SCOTT JAPANではeRIDEに乗られる全ての方々が安全に楽しまれるように、日本交通管理技術協会による道路交通法の法令適合する事を明らかにする制度「型式認定」を取得いたします。
認定取得は8月4日を予定。その後、SCOTTディーラーよりに皆様にご提供させていただきます。
TOPへ戻る