本文へ移動

マウンテンバイクを始めよう!①

世界中で毎週末のように愛されているマウンテンバイク。
 
私達の住む日本において、スポーツバイクと言えばロードバイクやクロスバイクが想像されるのですが、
実は世界レベルで見てみるとスポーツバイクの大半はマウンテンバイクなのです。
 
日本においても、この数年で常設フィールドは続々と登場しています。
 
そして、新たな楽しみを求めて現在ロードバイクにお乗りの方が、いよいよマウンテンバイクへと増車されているケースや、初めてのスポーツバイクにマウンテンバイクから!と言った方も多くいらっしゃいます。
 
SCOTTブランドでは、更に多くの方々の選択肢に対応したマウンテンバイクをご用意しており、先ずはどんな楽しみ方、ラインナップがあるのかをご紹介したいと思います。
 
さあ、いざマウンテンバイクとを始めよう!と言っても、ただ茫然としてしまいますよね?
 
・どんなバイクを選んだら良いのか?
・どんな遊び方があるのか?
・どこに遊びに行けばよいのか?
 
こんな疑問に直面すると思います。
マウンテンバイクと一言で言っても、実はその中でのカテゴリーは非常に多く枝分かれしています。
 
ロードバイクで見ると、SCOTTでは大きく分けて3つの目的によってバイクの種類が分かれています。
 
・ヒルクライムを含めたレーサーに向けて開発した軽量モデル
・ロードレースを主体にした高速巡行系エアロロードモデル
・ロングライドやツーリングに対応した長距離快適系モデル
 
ライダーがどんな志向でロードバイクを求められるかにより、そのカテゴリーに特化した性能を与えたモデルをラインナップしています。
 
そして、マウンテンバイクになると、そのカテゴリーは更に拡大!
左右の動きが中心のロードバイクに対し、上下の立体的な動きがプラスされますので、更に大きく枝分かれしたカテゴリー分けがされていきます。
 
ここからは、マウンテンバイクの大きなカテゴリーについてご紹介いたします。
 
 
 
先ずは、KING OF MOUNTAIN BIKEとも言われる
SCOTTが世界最速、最強として君臨しているカテゴリー
 
「クロスカントリー」です。
 
アップダウンを含む起伏の富んだ周回コースで行われる競技です。
 
1周5km以上のコースで開催されるXCO(クロスカントリーオリンピック)が日本では主であり、シリーズ戦であるCoupe de japonシリーズもこれに当たります。
 
激しい登りからの下り、そして最近では過酷なロックセクション等も増えており、体力ばかりでなく、コーナリングやジャンプスキルも必要となって来ています。
 
東京2020でも注目されている日本でも最も人口の多いカテゴリーですね。
 
SCOTTラインナップでは、SPARK RC / SCALE RCとなります。
 
そして、自然のトレイルからMTBフイールド等を使用して開催されるENDUROシリーズまで、マウンテンバイクの楽しさが全て詰まったカテゴリー
 
「オールマウンテン/ENDURO」です。
 
マウンテンバイクを始められる方に最も多い1台のバイクで色々行ってみたい!
 
そんな方々に人気のカテゴリーです。
野山を自由自在にマイペースで駆け巡り、その自然の地形から登りや下りを楽しむ事が出来ます。
一般的に言うところのトレイルライドですね!
 
更に、競技性も楽しみたい方には、登りと降りのコースを繋いだ
レースイベント「ENS ENDUROナショナルシリーズ」もあります。
 
バイクタイプは、フロントサスペンション付きのハードテイルバイクや、前後にサスペンションが付いたフルサスペンションバイク、どちらも存在しますので、ご予算や走る場所に合わせて選択が可能です。
 
SCOTTラインナップでは、SPARK / SCALE / GENIUS / RANSOMとなります。
 
オールマウンテン・トレイルライドMovie ↓
エンデューロ Movie ↓
 
最後はマウンテンバイクの花形であり、迫力とスピード、アグレッシブなコースを攻める
アドレナリン大噴出カテゴリー
 
「ダウンヒル」です。
 
主にスキー場のグリーンシーズンに常設コースとしてオープンするフィールドをゴンドラやリフトを使い山頂まで登ります。
 
長野県の富士見パノラマリゾート、山梨県のふじてんリゾート、が人気のフィールドとなっています。
 
そして、レベルに応じて用意されたダウンヒルコースには、あらゆるコーナー(バーム)や砂利、岩、等の
バラエティーに富んだコースを下ります。
 
登りが苦手、もしくはアグレッシブに山を楽しみたい方に人気のカテゴリーです。
 
SCOTTラインナップでは、GAMBLER/RANSOMとなります。
 
 
 
 
 
以上の3カテゴリーがマウンテンバイクでの大きなカテゴリーとなります。
※更に詰めると、ダートジャンプ、トライアル等のより細分化したカテゴリーも存在します。
 
さあ、皆さんはこれらのどのカテゴリーに興味をもっていただけましたでしょうか?
 
とは言っても、実際に乗って走ってみなければ、ご自分がどんなカテゴリーが好きなのか?得意なのか?楽しいのか?
 
それも判りませんよね!?
 
これからマウンテンバイクを始めたいけれど、
どんなバイクを選ぶのが自分には一番良いのかまだわからない、、、
 
そんな方におススメなのが、MTBの入門モデル
ASPECTシリーズ」です。
 
フロントサスペンション仕様のハードテイルモデルにてお手頃価格のラインナップですが、
そこはSCOTTバイク!
 
ダウンヒルコース等の激しいルート以外は全て熟せてしまいます。
 
本格レース機材としては、やはり重量やサスペンション性能等々で苦しい部分はありますが、純粋にマウンテンバイクを楽しむには入門機として抜群ですよ。
ASPECTシリーズであれば、本格マウンテンライドはもちろん、
都会でのクロスバク的な使い方も可能となっていますよ。
 
先ずは本気にマウンテンにハマるか、、、、どうか、、、
という不安をお持ちの方は、普段使いとしても乗りやすいこのモデルで、先ずはフィールドに飛び出してみてはいかがでしょうか?
 
非日常のマウンテンライドを一度楽しんだら、、
きっとその不安は一気に払拭される事でしょう。
 
以上、マウンテンバイクのカテゴリーとSCOTTの持つラインナップの住み分けをご紹介いたしました。
 
次回の「マウンテンバイクを始めよう②」では、ライディングの際の装備等についてご紹介いたしますので、
是非、お楽しみに!
 
TOPへ戻る