本文へ移動

BRAND HISTORY

History of SCOTT Brand
エド・スコットによって、初めてアルミ製のスキーポールが開発され、スキー業界に革命を起こしたのは1958年にさかのぼります。それ以来、スコットは市場に革新的な製品のシリーズをもたらして来ました。
 
1958
スコットの誕生およびスキーストックの革命
スキーというスポーツは、アイダホ州サンバレーで暮らすスキーレーサーで才能あるエンジニア、エド・スコットの技術で革新されました。
エド・スコットの最初のテーパード(先細り)のアルミニウム・スキーストックの発明は、直ちにスポーツに於ける竹と鋼のそれまでの立ち位置を置き換えました。
その画期的な発明は、新ブランドSCOTTを立ち上げ、スキー市場における技術的な製品のリーダーとしてスコットを位置付けました。
エド・スコットの技術革新に対する最初のビジョンが、ブランドとしての基本理念として成熟した新たな市場に拡張させました。
 
1970
モトクロス市場参入
1970年には、スコットはモトクロス市場に世界で初めて専用ゴーグルを投入、また後にモトクロス・ブーツ、グリップ及びアクセサリー市場に参入しました。
 
1971
最軽量スキー・ブーツおよび世界初のベンチレーション・システムを搭載したゴーグルを開発
1971年には、会社が世界で最も軽いスキー・ブーツを生産し、ベンチレーション・システムを搭載した初のスキー用ゴーグルを市場に投入しました。
 
1986
最も洗練されたスキーストック工場の設立と、最初のマウンテンバイクの登場
1986年には、世界のイタリアで最も洗練されたスキーストック工場を設立し、スキーストック生産でグローバルなリーダーになりました。
その同じ年、スコット製の最初のマウンテンバイクが登場しました。
 
1989
最初のエアロハンドルバーの登場
1989年には、SCOTTが、サイクリングの歴史で最も著しいプロダクト・イノベーションのうちのひとつであるエアロ・ロード・ハンドルバーを導入しました。このエアロバーは、アメリカのグレッグ・レモンによって1989年のツール・ド・フランスで彼の勝利の為に戦略的に利用されました。
1991
ユニショック・サスペンションの登場
1991年には、ユニショック・サスペンションを備えたマウンテンバイクの生産を始めました。
 
1992
最初のフルサスペンションバイクの登場
1992年には、SCOTTがその最初のフルサスペンション・マウンテンバイクが登場、後にシューズとヘルメットも導入されました。
 
1994
グローブ
1994年には、ウインタースポーツ・グローブ・ラインが導入されました。
 
1997/98
アウターウェアとスキー
1997年には、技術的なウインタースポーツウェアを導入しました。そして、翌年スキーの生産を始めました。
 
2000
スキーアクセサリーの革新RAMエアー換気システムと革新的なアンプリファイヤーレンズ
グループが特許を取得したゴーグルの技術革新の世界的な立ち上げをロールアウト。
アジャスタブルLever Lockスキーポールストラップシステム:また別のスキーポール革新を発表した。
 
2001
軽量化の新記録
2001年に世界最軽量ロードバイクフレーム(1キロ以下)チームイシューを発表、また2003年にはCR1が市場で最軽量のフレーム重量(895グラム)を達成。
 
2003
「革命的なマウンテンバイク」 Geniusの登場
同年、SCOTTはフルサスペンションバイクの新しい概念、3つの異なるモード(ロックアウト・モード、オールトラベルモードおよびトラクションモード)へ衝撃調整可能なGeniusを発表。
すぐに、専門誌は新しいGeniusに関する報告書で満たされました。Geniusバイクの成功は世界選手権大会でThomas Frischknechtのマラソン競技における勝利によって強調されました。
 
2004
スコットはBiomex®ヘルメットでヨーロッパ・スキーアワードを受賞しました
Biomex®プロテクションの協力で作成された、このヘルメットはウィンタースポーツでの頭部の安全のための大きな一歩だった。 Biomexは2重のバンド・ロールケージ(角胴形)を特色としました。それはスイング・ウェイトを軽減し、快適な着用性が特色です。
 
2005
市場に於ける最軽量トライアスロン・バイク
スコット独自のCR1技術を利用して、最先端技術のトライアスロン・フレームPlasma(980g)を開発しました;
300グラムのインテグレイテッドエアロシートポストを採用し、その結果トライアスロン特有のジオメトリーを採用した世界最軽量のエアロカーボンフレームになりました。
 
2006
ランニングシューズの展開開始
男性と女性アスリート両方の高性能ランニングシューズをフルラインで作成する為に、ポートランド・オレゴン州の研究開発ラボと契約しました。
 
2007
ADDICTフレームのご紹介
新しいアディクトは最軽量ロードフレーム、インテグレイテッドシートポストの採用で重量は790グラム(165グラム)である。
わずか330グラムの重量の新しい、スリムカーボンIMP™フォークと組み合わせると、新しいアディクトバイクは完成車で5.9キロの重量を誇る。
 
2007
衝撃吸収性に優れた最も軽いフレームの登場
既に証明されていたCR1技術に、革命的な新しいインテグレイテッド・モールディング・プロセス(IMP)とNude TCサスペンションを採用することによって、SCOTTは最軽量フルサスペンションバイクを生産しました。
 
2009
Genius 2 の誕生
同じ名前・新しいフレーム。変更されたジオメトリーと新しいEqualizer2ショック+オイル・トランスファーシステム。
 
2009
新しいカーボンスキー - Crusair
新しいCrusairはすぐにフリーライド登山市場のベンチマークスキーになってきている。
サンドイッチウッド+エアチャンネルとカーボンフレームの組み合わせは、非常に軽量かつ安定性が高く、スキーの反応性能が高いモデルです。
 
2010
バイクのための新しいツインLocのサスペンション技術
すべての新しいツインLocのレバーは、ライダーが希望するトラベルの設定を選択したり、完全にサスペンションをロックしたり、ライダーが両手でハンドルを握ったまま切り替えることができます。フルトラベル・トラクションモードや完全にフォークとイコライザー2 TCショックの両方をロックアウトすることが可能です。

 

TOPへ戻る