本文へ移動

Tour de France 2022 第10~15ステージ

Photo BY Team DSM Twitter
 
 
7/1  今年2つ目のグランツール、Tour de France 2022 がスタートしました。
今回は休養日明けの第10ステージから山岳決戦の第11、12ステージを含む、第15ステージまでをリポートします。

Tour de France はフランスを3週間かけて走るステージレース。
5月のGiro ditalia  、9月のVuelta a España と合わせて3大ツール、グランツールと呼ばれる最大規模のステージレースです。
7/1に今年のスタート地点、デンマークの首都、コペンハーゲンでチームプレゼンテーションが行われ、第3ステージまでは同国でレースを行い、月曜日の移動日を挟み、7/5 からフランス国内でのレースがスタートしました。
Photo BY Team DSM HP
 

第10ステージスタート時点での総合成績は以下の通り。
Team DSM は Kevin Vermaerke 選手のリタイアで1人少ない7名でレースを走っています。
総合エースの Romain Bardet 選手は1分39秒遅れの6位に付けています。

1    POGAČAR Tadej    UAE Team Emirates    33:43:44
2    VINGEGAARD Jonas    Jumbo-Visma    0:39
3    THOMAS Geraint    INEOS Grenadiers    1:17

6    BARDET Romain    Team DSM    1:39
42    LEKNESSUND Andreas    Team DSM    30:03
70    HAMILTON Chris    Team DSM    44:00
80    TUSVELD Martijn    Team DSM    48:28
96    DEGENKOLB John    Team DSM    54:50
149    DAINESE Alberto    Team DSM    1:18:34
155    EEKHOFF Nils    Team DSM    1:24:09





 
7/12 第10ステージは MORZINE LES PORTES DU SOLEIL から MEGÈVE までの148.1km。
休養日明けのこの日は2級山岳上りゴール。
最後の上りは登坂距離約19kmで平均斜度が4.1%と厳しい角度ではないものの距離がありました。

レースは序盤からアタックが繰り返されたのち、残り60kmあたりで25名もの大きな逃げ集団が形成され、Team DSM からは Andreas Leknessund 選手が加わります。
総合成績で問題になる選手を含まなかったため、メイン集団はこれを容認。大きなタイム差が付き、この集団の逃げ切りがほぼ決まります。
その逃げ集団から EF Education-Easyport チームの Alberto Bettiol 選手単独で飛び出し、最後の上りに向かいます。

残り距離が36kmとなったところで、急に選手が止められ、レースがストップします。
コース上で環境保護を訴え、レース開催に反対する活動家たちが座り込みを行い、先頭、追走、メイン集団、各集団が止められました。警察が彼らを道路から排除するまでにそれぞれの集団から遅れていた選手が合流しました。

残り10kmで Bettiol 選手は追走集団につかまり、アタックが繰り返され、3名が抜け出すなどするも、最後は9名でゴール勝負に。EF Education-Easyport チームの Magnus Cort 選手が優勝し、Andreas Leknessund 選手は自身初のグランツール10位以内、8位に入賞しました。

メイン集団は9分遅れてゴールし、逃げグループにいた BORA - hansgrohe チームの Lennard KÄMNA 選手が2位にジャンプアップ。Romain Bardet 選手の総合成績は一つ下げて7位になりました。

レース後に Andreas Leknessund 選手は以下のように話しました。
「ハードなスタートでした、逃げが決まり集団が落ち着くまでにかなり時間がかかりましたが、チームとしてベストを尽くしました。私と Martijn (Tusveld 選手 )は集団からのアタックに反応する役割で、私は反応しそのまま逃げに乗りました。そこからは最後の登りに備えてできるだけ多くのエネルギーをキープ、節約することを考えました」
「ベストを尽くし、賢くプレーでき、自分の足を最大限に生かせたと思います。Tour de France のステージで優勝をかけてレースをするのは特別な気分だし、いい経験になりました。これからの日々が楽しみです」

Team DSM Matt Winston 監督は以下のように話しました。
「今日の目標はAndreas(Leknessund 選手)が逃げ集団に入ることで、彼はそれを成し遂げました。
本当に大きなアタックだったので、そこに加わるためにかなりのエネルギーがかかったと思います。彼は逃げのグループで本当に懸命に戦いましたが、残念ながらゴールスプリントに参加することができませんでした、それでも素晴らしい8位入賞でした」
「チームの残りの選手たちはRomain(Bardet 選手)を本当によく見守ってくれて、翌日からの2つの山場ステージに向けて、その前のステージを無事に過ごしてくれました」


ステージ順位
1    CORT Magnus    EF Education-EasyPost    3:18:50  
2    SCHULTZ Nick    Team BikeExchange - Jayco    ,,   
3    SÁNCHEZ Luis León    Bahrain - Victorious    0:07   

8    LEKNESSUND Andreas    Team DSM    0:20    
26    BARDET Romain    Team DSM    8:54    
57    TUSVELD Martijn    Team DSM    9:40    
60    HAMILTON Chris    Team DSM    9:46    
97    DAINESE Alberto    Team DSM    17:22    
100    EEKHOFF Nils    Team DSM    17:41    
112    DEGENKOLB John    Team DSM    23:07                   

Photo BY Team DSM Twitter
 

 

7/13 第11ステージは今大会最高峰、超級山岳 Col du Galibier (ガリビエ峠)が登場
しかも今回はその後にCol du Granon(グラノン峠)を上ってゴールという非常に過酷なコース設定の151.7km。

過去にも多くの名勝負を生んだ超級山岳 Galibier 峠で今年もレースは動きました。
メイン集団の先頭で Team Jumbo-Visma が複数人でアタックを繰り返し、
総合首位のディフェンディングチャンピオン、UAE Team Emirates の
Tadej POGAČAR 選手は一人でそれに対応し、さらには自らもアタックを繰り返しました。

頂上に近づくとTeam Jumbo-Visma の Jonas Vingegaard 選手と
POGAČAR 選手の直接対決となり、Romain Bardet 選手と
INEOS Grenadiers チーム Geraint Thomas 選手がそこに追いつきます。

ガードレールのない危険なくだりを過ぎてCol du Granon(グラノン峠)に入ると
Team Jumbo-Visma、UAE Team Emirates 両チームのアシスト選手が追い付き、Arkéa-Samsic チーム Nairo Quintana 選手も加わります。
Quintana 選手がこの集団からアタックし、序盤から逃げていた選手たちを追い抜き、レースの先頭にたちます。Bardet 選手がこれを追い、上りの中腹から Jonas Vingegaard 選手もこれを追うと総合首位の POGAČAR 選手はこれに反応できず、
そこから遅れてしまいます。
Vingegaard 選手はさらに加速し全員を抜き、大きくタイム差を稼ぎステージ優勝。
総合首位にたちました。

Team DSM のエース、Romain Bardet 選手はそこから1分10秒遅れのステージ3位に入り、総合成績2位に上がりました。


レース後、Romain Bardet 選手は以下のように話しました。
「本当にハードな1日だったし、予想通り、最初の総合成績が大きく動く日でした」
「(レース中盤の1級山岳)Col de Télégrapheであれほどハイペースになるとは思っていませんでした。僕はまだChris(Hamilton 選手)と一緒にいましたし、彼は僕を前線に連れ戻すのにとても良い仕事をしてくれました。
その後は各自の脚力勝負の展開でしたし、今日はとても満足しています。明日はもうひとつの大きな戦いになります」

Team DSM の Matt Winston 監督は以下のように話しました。
「今日は僕たちにとって良いステージでした。Romain(Bardet 選手)をサポートするために逃げ集団に1人を入れて、ステージ結果のために全員の選手を投入することを目指していましたが、総合成績が思いのほか動きました。Romain は最後の山だけでなく、それ以前の山でも本当に良い仕事をしました。彼は良いペースと自分のテンポで走り、本当にいい形でステージを駆け抜けました。明日はまた大変な日になると予想しています」



ステージ順位
1    VINGEGAARD Jonas    Jumbo-Visma    4:18:02
2    QUINTANA Nairo    Team Arkéa Samsic    0:59  
3    BARDET Romain    Team DSM    1:10   

35    HAMILTON Chris    Team DSM    26:12    
50    TUSVELD Martijn    Team DSM    27:16    
72    LEKNESSUND Andreas    Team DSM    29:42    
115    DAINESE Alberto    Team DSM    34:09    
122    EEKHOFF Nils    Team DSM    35:19    
124    DEGENKOLB John    Team DSM    35:48        


総合成績
1    VINGEGAARD Jonas    Jumbo-Visma    41:29:59
2    BARDET Romain    Team DSM    2:16
3    POGAČAR Tadej    UAE Team Emirates    2:22

37    LEKNESSUND Andreas    Team DSM    50:42
65    HAMILTON Chris    Team DSM    1:10:35
71    TUSVELD Martijn    Team DSM    1:16:01
106    DEGENKOLB John    Team DSM    1:44:22
135    DAINESE Alberto    Team DSM    2:00:42
143    EEKHOFF Nils    Team DSM    2:07:46




 
7/14 第12ステージは165.1km、超級山岳を2つ越え、最後も超級山岳 Alpe D'huez 上りゴールのステージ。
この日はフランス革命記念日。地元フランス人選手の奮起が期待されていました。
前日に続き登場のGalibier 峠を下った時点で逃げグループ20名がレースをリードします。
前日総合首位チームになった Team Jumbo-Visma はこれを容認し、最大6分ほどのリードのままレースは進み、最後の Alpe D'huez の上りに入ります。

 この逃げグループからステージ優勝を上げたのは INEOS Grenadiers チームの Thomas Pidcock 選手。
シクロクロスの世界チャンピオンでMTB のXCの金メダリストでもあり、
SCOTT-SRAM Team の Nino Schurter 選手とも戦う Pidcock 選手がTour de France 初出場でステージを制しました。
総合勢は4分ほどの差で Alpe D'huez の上りに入り、 UAE Team  Emirate
 の Tadej POGAČAR 選手が3分23秒差の5位。総合首位 Team Jumbo-Visma の
Jonas Vingegaard 選手が同タイムの6位。
Romain Bardet 選手は2人から19秒遅れの11位でゴールし、総合順位は4位になりました。



ステージ順位
1   PIDCOCK Thomas    INEOS Grenadiers    4:55:24 
2    MEINTJES Louis    Intermarché - Wanty - Gobert Matériaux    0:48  
3    FROOME Chris    Israel - Premier Tech    2:06 

11    BARDET Romain    Team DSM    3:42    
40    HAMILTON Chris    Team DSM    15:35    
42    TUSVELD Martijn    Team DSM    16:07    
48    LEKNESSUND Andreas    Team DSM    19:06    
69    EEKHOFF Nils    Team DSM    26:39    
88    DEGENKOLB John    Team DSM    28:58    
98    DAINESE Alberto    Team DSM    ,,          



総合成績
1    VINGEGAARD Jonas    Jumbo-Visma    46:28:46
2    POGAČAR Tadej    UAE Team Emirates    2:22
3    THOMAS Geraint    INEOS Grenadiers    2:26

4    BARDET Romain    Team DSM    2:35
39    LEKNESSUND Andreas    Team DSM    1:06:25
56    HAMILTON Chris    Team DSM    1:22:47
61    TUSVELD Martijn    Team DSM    1:28:45
108    DEGENKOLB John    Team DSM    2:09:57
125    DAINESE Alberto    Team DSM    2:26:17
134    EEKHOFF Nils    Team DSM    2:31:02



 
7/15 第13ステージは192.6kmのアップダウンを含むステージ。獲得標高は2000m以上ですが大会の分類上は平坦ステージです。

この日は6名の選手が逃げ切り、Trek-Segafredo チームの Mads Pedersen 選手がステージ優勝を上げました。総合成績は動かず、Romain Bardet 選手は総合4位をキープしました。



ステージ順位
1    PEDERSEN Mads    Trek - Segafredo    4:13:03 
2    WRIGHT Fred    Bahrain - Victorious    ,,    
3    HOULE Hugo    Israel - Premier Tech    ,,    

11    DAINESE Alberto    Team DSM    5:45    
30    BARDET Romain    Team DSM    ,,    
72    DEGENKOLB John    Team DSM    6:07    
79    HAMILTON Chris    Team DSM    6:11    
85    LEKNESSUND Andreas    Team DSM    6:15    
128    TUSVELD Martijn    Team DSM    13:13    
130    EEKHOFF Nils    Team DSM    ,, 


総合成績
 1    VINGEGAARD Jonas    Jumbo-Visma    50:47:34
2    POGAČAR Tadej    UAE Team Emirates    2:22
3    THOMAS Geraint    INEOS Grenadiers    2:26

4    BARDET Romain    Team DSM    2:35
37    LEKNESSUND Andreas    Team DSM    1:06:55
50    HAMILTON Chris    Team DSM    1:23:13
69    TUSVELD Martijn    Team DSM    1:36:13
105    DEGENKOLB John    Team DSM    2:10:19
122    DAINESE Alberto    Team DSM    2:26:17
135    EEKHOFF Nils    Team DSM    2:38:30



Photo BY Team DSM Twitter
 


 
7/16 第14ステージは3級山岳を4つ越えてから2級山岳上りゴールの192.5km。
第13ステージよりもアップダウンの厳しい丘陵ステージです。

23名の大きな逃げグループが形成されたこのステージ。Team BikeExchange の Michael  Matthews 選手が最後の上りで抜け出し、
追いかけてきた EF Education-EasyPost チームの Alberto Bettiol 選手との
マッチアップを制してステージ優勝しました。  

総合勢は12分34秒遅れのステージ23位に総合2位の Tadej POGAČAR 選手が入り、同タイムの24位に総合首位 Jonas Vingegaard 選手が続きました。
Team DSM の Romain Bardet 選手は13分遅れ、ステージ30位に入り、タイム差は広がったものの総合4位をキープしました


レース後、Romain Bardet 選手は以下のようにコメントしています。
「最後の登り坂はかなり暑かったので、頂上までペースをキープしました」
「少しタイム差が広がってしまったけど、まだ道のりは長いので大したことじゃないし、まだチャンスはたくさんあります」




ステージ順位
1    MATTHEWS Michael    Team BikeExchange - Jayco    4:30:53  
2    BETTIOL Alberto    EF Education-EasyPost    0:15   
3    PINOT Thibaut    Groupama - FDJ    0:34   

30    BARDET Romain    Team DSM    13:00    
45    LEKNESSUND Andreas    Team DSM    17:58    
54    TUSVELD Martijn    Team DSM    20:34    
60    HAMILTON Chris    Team DSM    21:50    
110    DEGENKOLB John    Team DSM    24:19    
111    EEKHOFF Nils    Team DSM    ,,    
126    DAINESE Alberto    Team DSM    25:08    


総合成績
1    VINGEGAARD Jonas    Jumbo-Visma    55:31:01
2    POGAČAR Tadej    UAE Team Emirates    2:22
3    THOMAS Geraint    INEOS Grenadiers    2:43

4    BARDET Romain    Team DSM    3:01
39    LEKNESSUND Andreas    Team DSM    1:12:19
58    HAMILTON Chris    Team DSM    1:32:29
66    TUSVELD Martijn    Team DSM    1:44:13
105    DEGENKOLB John    Team DSM    2:22:04
121    DAINESE Alberto    Team DSM    2:38:51
135    EEKHOFF Nils    Team DSM    2:50:15




Photo BY Team DSM Twitter
Photo BY Team DSM Twitter
 


 
7/17 第15ステージはアップダウンが続き、3級山岳が2つあるものの大会のカテゴリー上は平坦ステージ。
スタート前に Team Jumbo-Visma のエースナンバー、Primož Roglič 選手の未出走が発表されたこの日、同チームの選手の落車が続き、総合首位の Jonas Vingegaard 選手もケガを負いました。

レースは泳がせていた2名の逃げを3級山岳でメイン集団が捕らえ、ゴールスプリントに持ち込まれました。
Team DSMも Romain Bardet 選手の安全を確保しつつ、Alberto Daine 選手のスプリントを狙いましたが、ルートがふさがり、ゴール前で集団前方に位置することが出来ませんでした。




ステージ順位
1    PHILIPSEN Jasper    Alpecin-Deceuninck    4:27:27  
2    VAN AERT Wout    Jumbo-Visma    ,, 
3    PEDERSEN Mads    Trek - Segafredo    ,,   

25    DAINESE Alberto    Team DSM    ,,  
26    BARDET Romain    Team DSM    ,,    
91    HAMILTON Chris    Team DSM    3:47    
94    LEKNESSUND Andreas    Team DSM    ,,    
135    EEKHOFF Nils    Team DSM    20:16    
138    DEGENKOLB John    Team DSM    ,,    
144    TUSVELD Martijn    Team DSM    ,,            

     

総合成績
1    VINGEGAARD Jonas    Jumbo-Visma    59:58:28
2    POGAČAR Tadej    UAE Team Emirates    2:22
3    THOMAS Geraint    INEOS Grenadiers    2:43

4    BARDET Romain    Team DSM    3:01
35    LEKNESSUND Andreas    Team DSM    1:16:06
56    HAMILTON Chris    Team DSM    1:36:16
78    TUSVELD Martijn    Team DSM    2:04:29
112    DAINESE Alberto    Team DSM    2:38:51
116    DEGENKOLB John    Team DSM    2:42:20
137    EEKHOFF Nils    Team DSM    3:10:31


Photo BY Team DSM Twitter
Photo BY Team DSM Twitter
 


Tour de France も2週間が終わり、休息日を過ごして19日から最終週、ピレネー山岳決戦と第20ステージの個人タイムトライアルで戦います。
Team DSMとSCOTT Bike の活躍にご期待ください。
TOPへ戻る