本文へ移動

SPARK RC

TECHNOLOGIES

INTEGRATED SUSPENSION TECHNOLOGY
フレーム内にサスペンションを内装化したことで、大きなメリットが生まれています。
先ずはフレームの構造に関してご紹介します。
 
先代のSPARK同様にサスペンションヘッドを下部に配したトラニオンマウント式を採用し、マウント部もフレームの一部とするような構造で非常に高い剛性を確保します。
フレームに内装するようになり、これまでよりもさらに重心位置が下がりました。
 
更に、ストローク時に軽快な作動を促せると共に、サスペンションユニット自体の動きも最小限に抑える事で、力の逃げが無く効率的な衝撃吸収を実現します。
 
シートチューブに接続されるピボット部にも大きなベアリングを装着する事も可能になり、剛性を確保し余計なリンク部のブレや力の逃げも抑えています。
 
そして、更なる恩恵として低重心化があります。
BB側まで最大限に下げられた位置にマウントされ、これ以上無いレベルでの低重心化を実現。バイクコントロールにおいて、この低重心化は驚くべき効果をライダーにもたらします。
 
ギャップを乗り越える際のトラクションや、コーナリング導入へのバイクの倒し込みや切り返しのスムーズさ、加速性能等。
あらゆる面でのプラスを体感し、パフォーマンスの向上に役立つ事でしょう。
TOPへ戻る