本文へ移動

PLASMA

TECHNOLOGIES

EVO-LAP TECHNOLOGY
フレーム作成作業の「80%」を材料の適切な選択が占めています。
残りの「20%」に私たちの努力のほとんどが込められています。

市場で最も先進的なカーポン繊維を選択した後、FEA(有限要素解析)ソフトウェアなど特定のツールを集中的に使用して、カーボンシートのレイアップを設計します。
FEAソフトウェアを使用し、フレームのバーチャルモデルにかかるさまざまな力をシミュレート。そこで得た情報に応じてフレーム設計を調整できます。 FEAソフトウェアを使用すると、実世界の環境に存在するすべての物理現象を組み込んだ「完全な仮想プロトタイプ」を作成できます。

Evo-Lapテクノロジーを使用して、フレームをモデル化、表面積を最適化、さまざまな層方向のチューブ構造をシミュレート、さまざまな構成を使用した結果を観察、フレームのさまざまな領域の応力分布をテストします。この広範なコンピューターモデリングのおかげで、フレームのすべての部分のカーボン層を最適化できました。
最初のプロトタイプのパーツを結合してみると、剛性、快適性、耐衝撃性を犠牲にすることなく、超軽量でコンパクトなフレームが実現できました。
SCOTTのカーポンフレーム各種でEvo-Lapテクノロジーは採用され、その恩恵を受けられています。 
TOPへ戻る