本文へ移動

PLASMA

TECHNOLOGIES

DOWN TUBE POSITION
DOWN TUBE POSITION
最初に最も空力特性を整えた部分として、フロントタイヤからその後部セクションにかけてがあります。
すでに優れた設計により、スムーズな空気の流れを導き出していた重要な部分ですが、実際の走行では前輪の僅かな動きによって、その気流は大きく変化してしまいます。
細かな動きにより乱流が発生し、抗力を生み出してしまう、設計の難しい部分でもあります。
更なる研究の結果、タイヤとその後のダウンチューブの間の整流がポイントと言う事を導き出しました。
TOPへ戻る