本文へ移動

NEW SPARK [FAST is FUN]

2017モデルより登場し、ワールドカップやオリンピック等でのニノ・シューターの活躍に始まり、世界中のクロスカントリーレースで数えきれないほどの表彰台を獲得してきたSPARKシリーズ。
 
世界最速の称号を欲しいままに多くのライダーを勝利に導きだしてきた最強のバイクが、更なるテクノロジーを纏い進化、2022モデルとして新たに登場いたします。
 
世界で最も速く、最軽量。そして圧倒的に楽しい。
そんなバイクに仕上がっています。
新しいSPARK RCとSPARKはフルモデルチェンジを行い、フルサスペンションバイクの新しい革新的なテクノロジーであるリアサスペンションの内装化を実現いたしました。
 
近年のクロスカントリー及びトレイルライドコースのより激しい設定に対応すべく進化を目的とし、更なる低重心化による路面の追従性向上と、リアサスペンションを内装化する事で、泥や埃からユニットを守り、常に安定した作動を得られるという非常に大きなメリットを獲得しました。
 
更にサスペンショントラベルもSPARK RCで今までの100mmから120mm、SPARKでは120mmから130mmへとロングトラベル化、強化されたBB周りでグラビティシーンでの走破性も兼ね備えています。
 
今までに考えもしなかったフルサスペンションのフルインテグレーション(内装化)を果たした非常に美しい姿をご覧ください。
フルサスペンションバイクにおいて、リアサスペンションのレイアウトとその性能の良し悪しが多くの鍵を握ります。
私達は最高のサスペンション設計を求め、研究開発してきました。
よりテクニカルなセッションでの走破性やマシンの速さを追い求めて最高のポテンシャルを持つレイアウトを導き出しました。

新しいSPARKのサスペンションレイアウトは非常にユニークで、ばね下重量が非常に軽く設計されています。
シートステー内に配置されたピボットにより、サスペンションを常にクリーンで最適な状況を保ちつつ、軽さと非常にスムースな作動を両立しています。
フレーム内にサスペンションを内装化したことで、大きなメリットが生まれています。
先ずはフレームの構造に関してご紹介します。
 
先代のSPARK同様にサスペンションヘッドを下部に配したトラニオンマウント式を採用し、マウント部もフレームの一部とするような構造で非常に高い剛性を確保します。
フレームに内装するようになり、これまでよりもさらに重心位置が下がりました。
 
更に、ストローク時に軽快な作動を促せると共に、サスペンションユニット自体の動きも最小限に抑える事で、力の逃げが無く効率的な衝撃吸収を実現します。
 
シートチューブに接続されるピボット部にも大きなベアリングを装着する事も可能になり、剛性を確保し余計なリンク部のブレや力の逃げも抑えています。
 
そして、更なる恩恵として低重心化があります。
BB側まで最大限に下げられた位置にマウントされ、これ以上無いレベルでの低重心化を実現。バイクコントロールにおいて、この低重心化は驚くべき効果をライダーにもたらします。
 
ギャップを乗り越える際のトラクションや、コーナリング導入へのバイクの倒し込みや切り返しのスムーズさ、加速性能等。
あらゆる面でのプラスを体感し、パフォーマンスの向上に役立つ事でしょう。
この一体化されたサスペンションテクノロジーはSCOTTが特許を取得したテクノロジーの賜物です。
フレーム内のサスペンションがどのようなパーツを介してリンクへと繋がっているのかをご覧ください。
 
高い剛性を持たせた3点のピボットパーツ。
路面から来る大小さまざまな衝撃を余すことなく受け止め、ライダーのペダリングロスを最小限に抑える独自の星形形状をしています。
このパーツに大径ベアリングが加わり、軽量かつスムーズな動きを促す塊となってリアユニットへと繋がります。

ボトムブラケット側からのサスペンションユニットへのアクセスも非常に簡単です。
ダウンチューブBB側のハッチを開けると、リアユニットの調整機構が目の前に現れます。
リバウンド、コンプレッション、エアボリュームをはじめ、SCOTT独自の前後同時サスペンションセッティング可変システム「TWINLOC」のケーブルメンテナンス等も簡単に行えます。



マウンテンバイクのセッティングとして、最初に必要なのが、サスペンションのサグ取りです。
この作業行う事で、ライダーの体重に合ったスムーズな作動が得られ、バイクのポテンシャルを最も発揮する事ができます。
走行する山の標高やその日の気圧に合わせたエアサスペンションの空気圧の調整がスムーズな動きを得る為に必要です。
しかしこの作業は、今まで少し面倒な作業でもありました。
 
その作業の面においても、新しいSPARKシリーズは見事に進化。
リンクピボット部分にサグインジケーターが用意されています。

今までのバイク同様にエアーを注入し、1Gで跨った際にこのインジケーターを確認、最適なサグ量になるまで繰り返して調整が容易に行えます。
 
新しいSPARK RCとSPARKにも、SCOTT独自のTWINLOCシステムを採用した独自のサスペンションユニットが搭載されています。

新しいSPARKシリーズは、フレームセンターからチェーンラインまでが55mmで設計されています。
それにより、タイヤクリアランスを非常に大きく設ける事が可能になっています。
クロスカントリーレーサーに最適な40Tチェーンリング装着可。
タイヤサイズの多様化や、特にマッドレース時での泥つまり問題をクリアする為にタイヤクリアランスを拡大し、ホイールの回転を阻害しにくくなりました。
レースでのあらゆる状況に対応してこそ、勝てるマシンの条件でもあります。
新しいSPARKシリーズのプラットフォークを決める際に、私達はスイスのバイオメカニクスと共同で取り組みました。
更に、SCOTT SRAM MTB RACING TEAMのライダーとも研究を重ね、世界で最も高性能なクロスカントリーバイクであり、ダイナミックな激しいトレイルでも楽に走破可能な最高のオールインワンバイクに仕上げる事を目指しました。
 
先ずは、SPARK RCとSPARKのペダル位置を共通にする事を実現。シッティングやダンシング時のパンチの効いた力強いペダリングを与えました。
更に、ヘッド部分のパーツを前後入れ替える事で、ヘッドアングルの変更が可能となり、より長いトレイル指向のフォークにしたり好みに合わせてセッティングが可能となっています。
SPARKシリーズはSCOTT独自のサスペンション制御システム「TWINLOC SYSTEM」を装備しています。
このシステムはSCOTT専用に開発されたサスペンションユニットに接続し、前後のサスペンションを1つのレバーで同時にリモートレバーでコントロールする機能となっています。

このレバーで調整可能なモードは3タイプ。
「クライムモード(ロックアウト)」 
「トレイルモード」 
「ディセンドモード」です。

走行される路面や斜度に合わせて最適なジオメトリーとサスペンションの減衰力を得られる独自の素晴らしいモードを使い分ける事により、過酷なヒルクライムから激しい下りまでを1台のバイクで全てこなせてしまうセッティングが可能です。

更に、今回の新しいSPARKシリーズの登場で、リモートレバーも併せて進化。
ドロッパーシートポストのコントロールレバー機能も同じ位置に追加され、1つのレバーで全て完結出来る仕様になりました。
チェーンステー部にはチェーンの落下の際やバタつきによるフレームへのダメージ軽減の為に、ステーカバーが標準装備されています。
よりアグレッシブなライドシーンを想定しての仕様となり、今までより遥かにグラビティ要素の高いレーストラックに対応した装備になっています。
今まで同様に装備されているアクスルツール。
先端にT25、奥の部分にT30が採用され、ピボット部分等の殆どの部分に対応しています。とてもユニークで便利なツールです。



新しいSPARKには、更に進化した新型のFRASER IC COMBOハンドルが搭載されています。(上位グレードのみ)
昨今のロードバイクのように、ケーブル類を纏めてハンドル中央部分よりインターナル化。
各種ケーブルを纏めスムーズにヘッド内へと導くパーツにより、ハンドルを曲げた際の引っ掛かりも排除し、泥や砂等の侵入も防ぐ事で常に軽く軽快なハンドリングを実現しています。

また、さまざまなハンドル周辺オプションにて、サイクルコンピューター等もスマートに取り付けが可能になっています。
ヘッドアングル調整の際は、ハンドルバーやブレーキホース等を組み替える事無く、作業が可能になっています。

今回私達は、アルミモデルにおいても、カーボンモデルと全く同様の機能を持ったバイクとして仕上げようと研究を重ねました。
カーボンモデルとは異なり、溶接にてパイプの組み上げを行う為に、金型構造の開発から着手しなければなりませんでした。
その結果、カーボンハイエンドモデルと同じ仕組みを実現する事が出来ました。
完璧なまでにカーボンモデルを彷彿とさせる同様の仕組みを再現。そして、軽量化も備えています。
この非常に困難で複雑な形状をアルミフレームで再現する事は業界随一のクオリティを持つSCOTTならではです。
更にコックピット周辺においても妥協は許しません。
アルミモデルにおいても、インテグレーション化を実現し、専用ステムを介してカーボンモデル同様にヘッド内にケーブルを導きます。
非常に美しくシンプルに纏まったコックピットが貴方を迎え入れます。

カーボンモデル同様のポテンシャルを確保するには、開発に関する全ての要素を完璧なまでの精度で纏め上げる事が必要でした。
その為、強度、重量、剛性をあらゆる角度から分析し、高い目的地をクリアする事を達成。
アルミモデルながら非常に素晴らしい完成度を誇るバイクを完成させました。

2022モデルとしてフルモデルチェンジを果たした、全く新しいテクノロジーを持つ「SPARKシリーズ」

日本国内で皆様にご提供するラインナップやプライス情報、発売開始時期等は、今後追って発表となります。
 
リアサスペンションからケーブル類まで、インテグレ―ション化を見事に実現した新しいSPARKを是非お楽しみに!
TOPへ戻る