SDS 2 TECHOLOGIES - SCALE

SDS2 テクノロジーにより乗車時とダンシング時の両方で、剛性を犠牲にしたり、余計なパーツを追加する事無く快適性の向上を達成しました。この為に私達のエンジニア達は異なる形状のチューブと熟考されたカーボン繊維の組み合わせを駆使して、フレームの特定部分に柔軟性を持たせ快適性を提供(シートステーは外側へ広がるように変形)します。その一方でパフォーマンス性を阻害するその他の部分における不必要な柔軟性は取り除かれています。