PLUS - TIRES ②


◆タイヤ : 接地面積の増加
各メーカーが3.0インチ幅のタイヤを採用する中、SCOTTのエンジニア達は2.8インチ幅がPLUSバイクに最適なタイヤサイズで、最高の操作性とブレを軽減する事を発見しました。
Schwalbeの実験データによると、2.8インチ幅タイヤ(Nobby Nic)の接地面積が2.35インチ幅タイヤ(Nobby Nic)に比べ21%向上しました。実験の際タイヤの空気圧は標準値(1.7 bar/2.35 vs. 1.0bar /2.80)で行い、PLUSサイズの方が明らかに高いトラクションがあると証明されました。

◆スネークバイトのリスク軽減
Schwalbeの実験データでは2.8インチ幅のPlusタイヤは2.35インチ幅のタイヤ(Nobby Nic)に比べ、スネークバイトのリスクが8%軽減しました。

◆ほぼ同等の転がり抵抗
Schwalbeの実験データによると、2.8インチ幅タイヤ(Nobby Nic)の転がり抵抗は2.35インチ幅タイヤ(Nobby Nic)に比べ、わずか1%増加するだけでした。