FOIL CABLE INTEGRATION

Foilではブレーキ、シフトケーブルの入口がダウンチューブ上部にデザインされています。この方式には複数の利点があります。入口の隆起した部分がヘッドチューブの後ろにある為、気流にぶつからず、ヘッドチューブやダウンチューブ横にケーブル入口があるバイクよりも高いエアロ性能を維持しています。更に入口がこの部分にあるおかげで高い横方向の剛性を確保。その上、この方法では穴を1 つしか開けない為に補強が少なくて済み、軽量性も保つ事が出来ます。そしてアダプターを変えるだけで、1 つのフレームでShimanoDi2式とワイヤー式、両方のグループセットが搭載可能になっています。