FOIL AERODYNAMIC TEST RESULTS

最終風洞実験ではドイツの有名雑誌、TOURが行っているのと同じ手順で行われました。ダミー人形にペダルを漕ぐ動作をさせることで実際の乗車時と同じ状況を作り出す再現性の高いテストです。測定は-20度から+20度までのヨー角をカバーし、時速・気流共に45㎞、ペダリングは90rpmで行われました。その結果、テストされたヨー角の範囲で新しいFoilは前モデルに比べ平均で6ワットの力を軽減します。つまりこれは平均時速45㎞で40㎞を走った際、27秒速く走れるという事と同じです。