FOIL HANDLING

現行Foilは初代Foilと比べてフォークコラムの径が1-1/8インチから1-1/4インチと一回り太くなりました。ステムがクランプする上側部分は1-1/4インチ、より剛性の必要な下側1-1/2インチへのテーパーコラムを採用し、より高い剛性を獲得しました。これまで使用していたアルミ製のヘッドパーツ上ワンを使用しないダイレクト方式になり、ヘッドチューブの外径を太くすることなくフォークコラムの大口径化が可能になりました。全体としてはヘッドチューブのねじれ剛性が初代Foilに比べ13.5%向上しています。