FOIL COMFORT ZONE CONSTRUCTION

現行Foilの薄くなったシートステイによりラフな路面でも滑らかな走りが得られます。快適性を重視したアプローチの結果、前モデルに比べ滑らかな走行の為に必要な垂直方向の弾性がシートチューブ付近で86%向上しました。更にフォークの弾性も初代Foilに比べ11%向上しました。