27.5 MORE TRACTION ②

同じ太さのタイヤで、同じ空気圧の状態であれば、車輪径が大きい方が接地面積は前後方向に大きくなり、トラクションが増えます。
MORE TRACTION ①と②の結果を見ると、平均的なトラクション性能を得ることができ、そして空気圧のセッティングやタイヤ幅の変更により応用が可能となりる。
総合評価としてタイヤ径の性能メリットと、表記していないが大きすぎない27.5インチだから出来る理想的なジオメトリーを持つフレームが作れるところも重要なポイントとなる。