27.5 ANGLE OF ATTACK & ROLL-OVER ②

窪み状の障害物の場合、大きな車輪径は有利に働きます。同じ大きさの窪みであれば、径が大きいほど落ち込み量が少なく上下動による速度損失も少なくなります。