NEW GAMBLER TUNED


Introducing the all NEW SCOTT Gambler Tuned





いよいよダウンヒルバイク「GAMBLER」がフルモデルチェンジいたします。


 


今までより更に速く、そして強いバイクを目指し開発されました。

トップグレードとして新たに登場した「TUNED」はSCOTTダウンヒルバイク史上初のカーボンモデルとなっています。
 
SCOTTの持つカーボンテクノロジーや「SCOTT FACTORY RACING TEAM」の選手からのフィードバックを合わせ、過去に無い軽さや剛性、そして運動性能を手に入れました。


 


軽量高剛性カーボンフレームにハードウエアを装備した重量は僅か2650g
 
そしてホイールサイズもワールドカップで主流となりつつある29インチと27.5インチのコンパーチブル仕様となっています。
 
歴代のGAMBLERでもライダーに好評であったホイールベースの調整機構もそのままに、430mmのショート、450mmのロングとリアアスクルシャフト位置にて選択が可能となっています。
 
ヘッドアングルにおいても、62°と64°と好みのハンドリングに応じて変更可能。
 
路面状況に合わせて4つのモードから選択可能なBBハイトアジャストも引き続き兼ね備えています。



 





私達はレースシーンで闘うライダーに対して、他ブランドのバイクよりも多くの優位性を提供する事を目指して開発しました。
 
軽さへの探求は私達が長年に渡って行ってきたものであり、それらのエキスパートでもあります。

この新しいGAMBLERをカーボンフレーム化する事に多くの培ってきた技術をそそぎレースバイクとしてのポテンシャルを更に引き上げたモデルとして完成させました。
 
GAMBLER TUNEDはハードウエアが搭載された状態にてフレーム重量2650gです。
 
RANSOMを開発した際に学んだ全ての事を取り入れ、可能な限りどこまでも軽量化を目指しました。
 
合金素材では達成できないであろうレベルまで剛性を高め、そして更に超軽量で強いリンケージを生み出す新しい製造手法をも開発しました。
 
リンケージに使用するパーツ重量はわずか160g。GAMBLERの新しいサスペンションデザインは超軽量のフレームパッケージを可能にしました。
 
Evolapカーボン成型テクノロジーとダウンチューブのリアショックマウント形状を更に進化させた事で、ダウンヒルバイクのフレーム重量を大幅に削減する事に成功しました。 


 

 


カーボンの設計とエンジニアリングは、単なる重量以上のもので、重量目標を設定するときには剛性目標も設定します。

私達はアスリートと緊密に連携して、すべてのワールドカップトラックであらゆる状況で巧みに使えるツールを提供することを目指して、剛性とフレックスの優れたブレンドを決定しました。

さまざまな素材やレイアップテクニックを駆使して、応答性に優れたラウンド形状のフレーム開発。

レーストラックのテクニカルセクションにおいても操作性と快適性を提供する適切なレベルの横方向のフレックスとして調整しました。
 
テストバイクではレースシーンを想定し、圧倒的に硬いフレームと柔らかいフレームを制作し、実際にレースコースを走らせながらフレーム剛性のもたらすポジティブ面、ネガティブ面を徹底的に調査し最適な剛性バランスに見直しました。
 
そしてGAMBLERをベンチマークとして競合他社のレースバイクと同トラックでテストも行い更に1歩先へと進化させました。

GENIUSやRANSOMと同様に、Gamblerは2つの主要なゾーン 「剛性ゾーン」と「軽量ゾーン」を持たせて設計されました。

ダウンチューブに沿ったラインに後輪の車軸とチェーンはあります。このエリアを剛性バックボーンと呼びます。
 
上部と下部のチューブに衝撃荷重がかからないようにする為の設計を行いフレックスバランスを微調整しました。
最も荷重のかかる部分はショックマウントやリンケージピボットであり、ダウンチューブとトップチューブに余分な力がかからないようになっています。

このデザインのおかげで、GAMBLERは高剛性部分と柔軟部分を共存させ、より軽いフレームを作ることができました。






私達は軽量なレースバイクを開発するにあたり、ただ軽いだけでなく、強さの目標も同時に立て、妥協はしませんでした。
 
GAMBLERはダウンヒルレースバイクです。

ハードクラッシュでは予想をはるかに上回る強い衝撃がかかる事や、コースを滑落していく事も想定した物である必要があります。

私達はすべてのバイクにて業界基準をはるかに上回らせるため、独自の非常に高く厳しい基準でテストしました。
 
プロのワールドカップライダーがレースシーズン中にフルに酷使したとしても十分に耐えられるバイクということを確認しました。

圧倒的な耐久性をも兼ね備えていなければ。私達は軽量で速いバイクを作る意味がありません。






私達のダウンヒルバイクは常に調整の限界を押し広げてきました。

ライダーもバイクも、トラック、気象条件、そしてリアユニットの選択(エアーまたはコイル)に適応できる必要があります。

新しいGAMBLEREは、バイクの他の部品を変えることなく、ホイールサイズを切り替えることを可能にします。

チェーンステーの長さは、ホイールサイズの選択とは関係なく調整することもできます。

29インチでもショートホイールベースも選択が可能。27.5でロングホイールベースをコースに応じて好みで選ぶことも可能です。

GAMBLERには予備の角度付きヘッドセットカップも付属にて、ホイールサイズ、フォークの選択などに対してヘッドの角度を調整できます。

ホイールサイズに対するボトムブラケットの高さ調整だけでなく、トラック、ショック、ライダーの好みに応じたジオメトリ/キネマティック調整のために4ウェイチップも搭載しています。

私達は、走行する状況やコースコンディションを考慮して、それぞれのショックとライダーに合わせてバイクを最適化したいと考えています。

この調整により、ライダーはライディングに集中することができます。

ジオメトリとショックカーブのオプションは、最適なレベルのバランスのために、ライダーの重心を前後のホイールの間、完璧な場所に配置するのに役立ちます。



GAMBLERは、29インチと27.5インチの両方のホイールと完全に互換性があるように開発されました。

それは冷酷なワールドカップスピードのために、または世界の最も大きいジャンプを飛ぶために、そして両方で最高のポテンシャルを発揮するために設定することができます。
 
「CHAIN STAY & BB ADJUST」

調整は簡単でグリップ力が更に高まり、よりバランスの取れた速いバイクを求めていました。

ショックマウントの4ウエイ調整機能のおかげで、どのトラックでもライダーのニーズをバランスよく調整できます。

これは、レースごとに使用するセットアップの例です。





このセットアップは、特に平面なコースを走行する際にスピードが上げやすく更にライダーの重心を前にする事でクイックな操作を可能にします。


 


高いスピード域での操作性と安定性を兼ね備えた高バランスなセットアップになっています。






よりアクティブなサスペンションストロークをさせる事で、信じられないほどのグリップをえることが出来、より急な地形での最適な操作性も持たせる為、ライダーの荷重バランスを後部へ移動させます。






急斜面での走行の際にバイク全体に強いグリップ感を持たせられ、ライダーのポジションもバイクの中心となります。






Syncros用の新しいHixon iC DHは、ワンピースコックピットを使用した最近の開発に基づいて、市場で最も軽量なDHコックピットを構築します。

なぜ、ハンドルを一体成型するかと言うと、特にカーボン素材を使用する場合、従来のバーとステムの方式では締め付け箇所を肉厚に補強する必要があります。

これら2つを一緒に成形する事でこの点を締め付けの為に補強する必要がなくなり、ハンドルバーの完全なる剛性値を見つけることに集中できます。

更に私達は下向きの力(合計で半トン以上)で各側で260kgに耐えることができる超強力なレイアップを構築することができました。

ダウンヒル用ハンドルバーにおいて、SCOTTの設定する独自の厳格な社内基準をはるかに上回り、更に衝撃を受けた際も破損すること無く形状変化したとしても元の状態に戻る剛性と柔軟性を兼ね備えたハンドルバーとなっています。







プログレッシブおよびダウンヒルバイクのデザインは29erホイールの大径に適応しているため、コンポーネントもそれに対応させています。

COMOXサドルは3つの特定のニーズに対応するために開発されました。

増加したクリアランス、より短いプロフィールとコントロールのための広い側面の高さです。

クリアランスを大きくすることで、特に最新の29インチダウンヒルバイクにおいてもサドルの高さを低くすることができます。

サドルの形状は、フルコンプレッション時にホイールの擦れを防ぐために後部が短くなっています。

同様に、サドルの先端は、コーナリングポジションへライダーが移動する際に、引っかかるのを防ぐよう短くなっています。

プログレッシブライダーがサドルをバイクと3番目の接点として、特に空中で旋回中に使用するため、サドルの側面は特別な形状と快適さのために拡張されています。

側面のパッド量と高さを増やすことによって、ライダーはより快適でコントロールされた接触点を持つことができます。





新しくダウンヒルフォーク用に開発されたトレイルフェンダーです。
 
FOX40と29インチ用FOX49に対応しており、2か所のビス止めにて取り付けを行えます。マッド路面等での泥の付着や跳ね上げに特に絶大な効果を発揮します。


 


SCOTTでは、独自のフレームに合わせて最適化された専用装備品を開発しています。

時代の進化に合わせてフレーム設計も進むにつれ、よりこれらの重要性は増して来ています。






フレームプロテクションはあらゆるフレームプロジェクトの完全な側面であることであると私達は考えています。

新たに組まれた状態から使用されるとしても、ポテンシャルをハックするにあたり常に同じ最高の状態を維持する必要があります。

GAMBLERにはチェーンステイ、シートステイ、DTプロテクター、フォークバンパー等にも全てプロテクターが装備されています。





今回の新しいGAMBLERより、S、M、L、XLの4サイズを提供しています。

バイクジオメトリーは現代化されており、大型モデルも開発することで、全てのライダーに選択肢を提供しています。

サドルポジションは、レーサー、特に小柄なレーサーにとって非常に重要です。

GAMBLERは中小サイズのフレームでシートチューブの角度を急にしました。これにより、小型ライダーはサドルを低く保ち、恐ろしいタイヤのバズを防ぐことができます。

より大きなライダーの為に、私達はライダーが空中、コーナーなどで自由に動き回ることができるように足の領域からサドルを遠ざけるようにしました。


 


新しく登場したNEW GAMBLER
 
圧倒的な軽さと速さ、そして強さをお楽しみに!