Photo BY Mitchelton-SCOTT Twitter

昨年開催され、Mitchelton-SCOTT チームが優勝した、UCIプロツアーのレースとは別のシリーズ戦、Hammer series が全3戦で今年も開催されています。

第1戦 Hammer Stavanger ノルウェー 5/24 ~ 26
第2戦 Hammer Limburg オランダ 6/7 ~ 9
第3戦 Hammer Hong Kong 香港 10/13


Hammer series は基本的に個人総合成績を争うUCIプロツアーとは異なり、チーム成績を争います。


レースは基本3ステージで開催され、それぞれ、
Hammer Climb(登り周回コースのポイントレース)
Hammer Sprint(平坦周回コースのポイントレース)
Hammer Chase(チームタイムトライアル)
と名付けられています。

1チームは7名登録ですが、1レースに出場するのは5名のみ。各ステージの特性に合わせて選手を選ぶことになります。

Hammer ClimbとHammer Sprintは各周回ごとの順位で上位からポイントが付くポイントレース方式。
ゴールまで集団で進むことの多いプロツアーのレースとは違い、積極的に先頭にいることが求められるのでレースの展開が活発になります。

2日間のポイントの順位に応じて最終日のチームタイムトライアル、Hammer Chaseのスタート順とタイム差が決められ、上位チームからスタートし、一番早くゴールしたチーム(チーム内の4位選手が判定対象)が優勝となるルールです。
Hammer Seriesの最大の目標はチーム優勝。個人総合成績という概念がありません。

Hammer Stavanger はジロデイタリアの開催期間中、5/24~26 にノルウェーで開催されました。
そして今週末、6/7~9は第2戦、Hammer Limburg が開催されます。


5/24 に開幕したHammer Stavanger。
初日は登り系のポイントレース、Hammer Climb です。
登録メンバーは以下の通りです


Mitchelton-SCOTT TEAM
出場5名
Michael Albasini(SUI、38)
Alex Edmonson(AUS、25)
Luka Mezgec(SLO、30)
Nick Schultz(AUS、24)
Rob Stannard(AUS、20)

不出場2名
Edoardo Affini(ITA、22)
Callum Scotson(AUS、22)

Hammer Climb は8.9kmのコースを9周半して争われ、各周回の通過順位の1位から10位までにポイントが与えられ、3周目、6周目、10週目のポイントは2倍になります。
(1位=100P 2位=81P 3位=66P 4位=53P 5位=43P 6位=35P 7位=28P 8位=23P 9位=19P 10位=15P)

そのポイント合計が一番多いチームがこの日の優勝チームとなります。
ゴールの着順は大きな意味を持たず、各周回でも11位以下で周回することには意味が有りません。また、個人成績は表彰対象にはなりません。

レースは大会関係者の思惑通りスタートから果敢に攻撃が仕掛けられ、Mitchelton-SCOTT チームからも、ベテランの Michael Albasini 選手が最初の逃げ集団に入るなど、果敢にポイントを取りに行き、最終的には728ポイント獲得し、4位になりました。


Hammer Climb Results:
1. Team Jumbo-Visma – 1065 points
2. Lotto Soudal – 928 points
3. BORA – Hansgrohe – 869 points
4. Mitchelton-SCOTT – 728 points

Phot BY hammer series HP







5/25 はHammer Sprint です。
今回は平坦基調の9.3kmを9周半する88.4km、各周回の通過順位の1位から10位までにポイントが与えられ、3周目、6周目、10週目のポイントは2倍。
(1位=100P 2位=81P 3位=66P 4位=53P 5位=43P 6位=35P 7位=28P 8位=23P 9位=19P 10位=15P)

そのポイント合計が一番多いチームがこの日の優勝チームとなります。
そしてこの2日間の合計ポイント順が3日目のチームタイムトライアル、Hammer Chase のスタート順になります。


Mitchelton-SCOTT TEAM
出場5名
Michael Albasini(SUI、38)
Edoardo Affini(ITA、22)
Luka Mezgec(SLO、30)
Callum Scotson(AUS、22)
Rob Stannard(AUS、20)

不出場2名
Nick Schultz(AUS、24)
Alex Edmonson(AUS、25)

Hammer Sprint の名前の通り、多くのチームが大柄なスプリンターをそろえる中、今期Caleb Ewan 選手を放出した Mitchelton-SCOTT チームに純粋なスプリンターはいません。
ただ、平坦基調のコースを高速で走り、コーナーを抜けて毎周回スプリントがかかる展開は、スプリンター向けとは言い切れず、事実、集団の人数は絞り込まれ、先頭で常に何人かが逃げている、厳しいサバイバルレースになりました。
周回数を重ね、7週目、Michael Albasini 選手が先頭通過した時点で、集団の人数は15名ほどになっていました。10位までにしかポイントがつかない為、遅れた選手達には、ポイント獲得の可能性が有りません。
そこからさらに逃げが決まる展開でしたが、ゴールの逃げ切りが勝利とイコールではないのが Hammer series 。
序盤からポイントを稼いだ Deceuninck - Quick Step チームが勝利し、Mitchelton-SCOTT チームは620ポイントで3位になりました。

Hammer Sprint Results:
1. Deceuninck - Quick Step – 794 points
2. Team Sunweb – 738 points
3. Mitchelton-SCOTT – 620 points

Phot BY hammer series HP







5/26 が最終日、16.3kmのコースを3周回、48.9kmで争うチームタイムトライアルのHammer chase です。
Mitchelton-SCOTT チームは初日4位、2日目3位。合計ポイントが1341ポイントで3位、トップから58秒差でのスタートでした。

この日の牽引役になるはずのオーストラリア個人タイムトライアルチャンピオンのAlex Edmonson 選手が3km地点でパンク。
5名のチームで走り、4番目の選手がゴールしたタイムが採用されるルールの為、序盤で見捨てるわけにもいかず、タイムロスですが復帰を待つ選択を取ります。その為、後からスタートしたチームに追いつかれてしまい、激しい3位争いとなりますが、順位を維持し、総合3位となりました。

Hammer Stavanger 2019 Final Standings:
1. Team Lotto-Jumbo
2. Team Sunweb
3. Micthelton-SCOTT

Phot BY hammer series HP







6/7 から第2戦 Hammer Limburg オランダで開催されます。レースは1戦目と同様の順番で、
Hammer Climb(登り周回コースのポイントレース)
Hammer Sprint(平坦周回コースのポイントレース)
Hammer Chase(チームタイムトライアル) の3日間、3ステージ制です。出場メンバーは下記の7名です。


Phot BY hammer series HP

Edoardo Affini (ITA 22)
Michael Albasini (SUI, 38)
Alexander Edmondson (AUS, 25)
Michael Hepburn (AUS, 27)
Cameron Meyer (AUS 31)
Dion Smith (NZ 26)
Rob Stannard (AUS, 20)


第1戦を終えて3位なので2年連続のシリーズ優勝は十分に狙える位置にいます。
これからもMitchelton-SCOTT チームの活躍にご期待ください。