ADDICT DISC / ADDICT



AN
ADDICT
FOR
EVERYONE


どんなライダーでも、どこまでも自由に走り回れる快適性と、ペダルを踏む力を残さず推進力に変換する軽快感、それらを両立させるべく開発されたモデル、
 
それが新しい「ADDICTシリーズ」です。
 
昨今、国内でも流行っているロングライド系イベントやツーリング等に最適なシリーズであり、最も多くのサイクリストに満足感を提供するシリーズとしてSCOTTの歴代エンデュランスモデル「CR-1」「SOLACE」を経て、この「ADDICT」が登場いたしました。
 
「ADDICT」と言えば初代の登場以降、「超軽量ヒルクライムモデル」のイメージが強いですが、2018年よりADDICTシリーズは2つの方向へと枝分かれました。
 
プロツアー等で活躍する軽量ヒルクライムレーサーは「ADDICT RC」シリーズとして引き続き軽さと速さの頂点を目指してます。
 
そして、今回ご紹介する「ADDICTシリーズ」はモデル名は同じ「ADDICT」と名づけられているものの、RCシリーズとは異なり、軽さは引き継ぎつつも圧倒的な快適性と自由自在に走り回る走破性をメインに考えられたモデルへと進化しました。
 
まさに「ENDURANCE ADDICT」という新しいカテゴリーとしてSCOTTの最先端テクノロジーを集結させたモデルとなっています。




 

ADDICT TECHNOLOGIES


ENDURANCE ADDICT


新しいエンデュランスアディクトは、フレーム構造の再設計により、製造時のパーツ点数を減らすなど徹底した効率化により、高いコストパフォーマンスの実現と、他のライバルよりも優れた軽さと乗り心地を両立する為に最先端のテクノロジーを用いて登場しました。

2018年モデルは、レーシングバイクとは違うMFカーボン仕様でしたが、2019年モデルからADDICT RCなどと同一のHMFカーボンを採用。レーシングバイクに肉薄する性能を手に入れました。


快適性を得るためには路面からのノイズや細かな振動、衝撃を上手く緩和する必要があります。
 
SCOTTのエンジニアは独自のカーボン研究開発技術「カーボンエキスパート」の能力をフル活用し、トップチューブやシートチューブ等、全てのパートでカーボンシート、レイアップを専用にチューニングし採用しています。
 
それによりカーボン繊維の特性を最大限活用し見事なまでに乗り心地の良いフレームを完成させました。
 
一般的には乗り心地を優先する場合、フレームにしなりを持たせ、大きくたわませることで路面からの衝撃をいなします。その分ペダルのパワーも逃がしてしまい乗り味は鈍くなりがちです。
 
しかし、SCOTTの要求はペダルを踏みこんだ際に確実に進むダイレクト感を持ちながら、ライダーに伝わる不必要な衝撃は緩和することでした。

それらも、考え抜かれたカーボンシートの配置と積み重ねされた経験、テストによりクリア。相反する特性を見事に両立し、アグレッシブなライドを可能としながらも、どこまでも快適。今まで乗ったことの無いようなバイクとなりました。




OPTIMIZED TOPTUBE & SEAT STAY SHAPE


トップチューブエリアとシートチューブエリアには強度を持たせつつも快適性向上のため、しなりを生かした設計に。
 
路面からの衝撃に対し、フレームが柔軟にたわむ構造になっています。
 
一見剛性の塊のように見えるボリュームのあるロードバイクフレームですが、実はその内に秘めたる特性つくりこそがSCOTTの最も得意とする部分です。
 
剛性を高めて加速性能やハンドリングをシャープにする部分もあれば、このトップチューブとシートチューブのように、必要な部分のたわみをコントロールすることで余分な衝撃を逃がしています。





TIRE CLEARANCE UP TO 32 MM


DISCブレーキモデルでは最大32Cのタイヤの装着を想定したクリアランスを持たせています。
 
ワイド化されたタイヤを装着できることのメリットは大きく、よりエンデュランスに最適な仕様となっています。
 
エアボリュームの多い32Cタイヤは路面の凹凸や溝でも安定した走破性を持ち、対パンク性能も向上。
コーナリング時においては接地面が拡大する事でグリップ力が増大し、路面状況を問わず安定感が生まれることで安心して曲がれるようになります。
 
ディスクブレーキ化されたことでの制動距離の短縮化にも一役かっています。



 

ENDURANCE GEOMETRY


ADDICTに採用されているENDURANCE GEOMETRYはFOILやADDICT RCのRACING GEOMETRYに比べて、ヘッドチューブが長く、トップチューブを短めにすることで、ライダーの上半身がやや起きるように設計、長時間走るライダーの首や背中にかかる負担を軽減しています。




どこまでも快適に突き進む事をメインに考えられたジオメトリーとカーボンレイアップを持つ「完全ロングライド仕様」として生まれたADDICTシリーズですが、勿論、SCOTTは加速性能や軽快感を忘れてはいません。
 
レースに出場される方でも十分に満足できるフレーム剛性とハンドリングを持ち合わせています。
比較的脚力に自信の無い方や女性レーサーの方にもお勧めできるモデルになっています。




ADDICT LINE-UP


ADDITシリーズのラインナップはディスクブレーキ仕様が4モデル。
キャリパーブレーキ仕様が3タイプの7モデルのラインナップとなっています。



ADDICT SE DISC



ADDICT DISCシリーズ最高峰グレード。メインコンポーネントにシマノ社製Ultegra Di2を採用。
マットシルバーとガンメタルのツートンカラーで高級感と存在感を醸し出すスタイリッシュなカラーリングです。

 


ADDICT 10 DISC



2019年モデルを代表する戦闘的かつ光が当たると綺麗な輝くを放つマットダークブロンズカラーを纏ったデザインです。
コンポーネントはシマノ社製Ultegraを装備。




ADDICT 20 DISC



男女問わずに人気のホワイト×ライトグレーのお洒落なデザインでエンデュランスロードらしい落ち着いた雰囲気を持つデザインです。
シマノ社製105グレードのコンポーネントを採用。




ADDICT 30 DISC



初めてのカーボンロードバイクとしても人気のグレードです。
シマノ社製Tiagra仕様でカラーリングも飽きの来ないスタンダードかつ戦闘的なブラック×ホワイトを採用。ディスク仕様のオールブラックリムと相まってスタイリッシュな存在感を放ちます。




ADDICT 10



キャリパーブレーキ仕様のトップグレード。
SCOTTらしいネオンイエロー×ブラックの定番人気デザインのシマノ社製Ultegra仕様です。




ADDICT 20



力強くその気にさせる真紅のボディを纏ったシマノ社製105仕様となっています。




ADDICT 30



ディスク仕様同様、初のカーボンロード選びの方に人気のTiagra仕様です。
シチュエーションやウエア類に左右されない合わせやすいカラーリングが人気のポイントです。




以上がSCOTTがご提案する快適エンディランスバイク「ADDICTシリーズ」となっています。
 
レースに出場はしてみたいけど、それ専用ではなく普段のバイクライフからゆったりツーリングまで、そんなシチュエーションでも楽しく快適に乗り続けていきたい方に最高の満足感を味わっていただけるモデルとなっています。
 
まさに最高のオールラウンダーADDICTを是非試乗会イベントやSCOTTディーラー試乗車等でご体感ください。
 
SCOTTディーラー検索はコチラ
SCOTTディーラーの詳細がわかるショップインフォメーションはコチラ