オランダ代表で、Mitchelton-SCOTT女子チームのメンバーである Van Vleuten 選手が世界選手権女子個人タイムトライアルで昨年に続き連覇を果たしました!




普段は所属チーム毎に争っている選手たちが、各国代表選手となって、個人、チームのタイトルで世界一を決める世界選手権が9/23からオーストリア・インスブルックで開催されています。

世界選手権で勝利した選手はその日から翌年の世界選手権開催日までの1年間、その種目のレースで虹色のチャンピオンジャージ「アルカンシェル」を着用する事ができます。さらには、一生ジャージの袖に虹色のラインを入れる権利、自転車ブランドは自転車に虹色ラインを入れる権利が与えられます。
選手たちにとっては憧れであり、1年の大きな目標としています。

2017年個人タイムトライアル世界選手権で勝利したVan Vleuten 選手。
今回はディフェンディングチャンピオンとして挑みました。




最終走者、満を持してスタートを切ったVan Vleuten 選手は中間計測で2位の選手と19秒差をつけて通過します。
そこからスピードが落ちる事なく、2位と30秒のマージンをつけてゴール。
終わってみればオランダ人選手による、1、2、3位独占、その中でもタイム差をつけての圧巻の勝利。
世界選手権個人タイムトライアル連覇を果たし、アルカンシェルを着用出来る権利を得ました。




Van Vleuten 選手は
「このタイムトライアルは登りもあったし大変だったわ。下りではペースを下げて脚を休ませたかったけど、今回のようなコースレイアウトだと休まず漕ぎ続ける必要があったの。だから実際、私の脚は悲鳴をあげてたわ。けど、それに耐えて漕ぎ続けたの。さもないとタイムを失ちゃうからね。」
とコメントしました。



今シーズンのレースも残り僅かですが、来シーズンもアルカンシェルを着てタイムトライアルで走ってる姿を早く見たいですね!



UCI World Time Trial Championships – Results:
1. Annemiek van Vleuten 34:25
2. Anne van der Breggen +0:30
3. Ellen van Dijk +1:25

Photo BY Mitchelton-SCOTT HP & FB