今年のヨーロッパ選手権 2018 European Road Cycling Championships を制覇した、Mitchelton-SCOTT チームのイタリア人、Matteo Trentin 選手にスペシャルカラーのFOIL Discが用意されました。



開催中のLa Vuelta a Espanaでは、これまでもチームカラーのFOIL Discに乗っている姿が見られていましたが、これからは青と白のチャンピオンジャージとおそろいの専用機で走る姿が見られることと思います。




早速、チームのメカニックによって、スプリンタースイッチが取り付けられ、サドルが交換され、レース仕様にされていました。


画像はLa Vuelta a Espana 第6stを走るMatteo Trentin 選手。その隣を走っているのは、オーストラリアチャンピオンジャージを着て、スペシャルカラーのFOIL Discに乗る Alexander Edmondson 選手。これからはスペシャルカラーのFOILが並ぶ姿も見られると思います。


昨年のVuelta a Espana ではスプリントステージで4勝をあげ、ヨーロッパチャンピオンジャージを着るTrentin 選手ですが、今回はチームのエースのアシストとして多くのステージを走っています。

ちなみにヨーロッパ選手権の時に使用していたBIKEはADDICT RCでした。
Trentin 選手に限らず、Mitchelton-SCOTT チームでは各選手に車種の選択権が有るそうで、レースのコースによって変える選手、ずっとFOILだけの選手、ADDICT RCだけの選手もいるとのこと。
総合首位にいるSimon Yates 選手はADDICT RC に乗る場合が多いようです。これからはそんなところにも要注目です。


Photo BY SCOTT & Mitchelton-SCOTT HP & FBMtteo Trentin FB