世界王者N1NO = Nino Schurter 選手のバイクをご紹介します!
通常のレースではSPARK RC 900 World Cupを使用していますが、レンツァーハイデで開催された世界選手権ではスペシャルカラーのSPARKが用意されました。

それがこちら!!
N1NO Schurter's SPARK RC 900 Special Edition for Lenzerhheide




この特別カラーは SCOTT と SRAM のデザイナーがタッグを組み、スイス アーミーナイフのようなデザインになりました。
それはどのような地形でも対応し、他の選手を引き離す鋭いアタックをするN1NO 選手にピッタリのデザインです。



ハンドルは FRASER iC SL-25°を使用。
このハンドルがN1NO選手のアグレッシブなライディングポジションを可能にしています。







TWINLOCK により、ロックアウト・トラクションコントロール・ディセンドの3段階のサスペンションの動きを手元でコントロールする事ができます。
ダンピングを制御する事でペダリングの効率を損なうサスペンションの動きを抑制します。




フレームは1779g(リアサスペンション・小物含む)という驚異的な軽さを実現しています。そしてFEA ソフトウェアなどを使用し、SCOTT エンジニア達は一切妥協をしないレースに特化したフレーム設計をしました。超軽量を達成した背景には最軽量カーボンを活用しただけでなく、エンジニア達が研究した合理的なカーボンレイアップのおかげでもあります。




SPARK の特徴的なデザインの1つに、トラニオン マウント規格のリアサスペンションユニットを通常とは上下逆にレイアウトした点があります。
1ピボットのトップリンクデザインをロッカーリンクレイアウトに適用する事で、今までのデザインでは不可能だったサスペンション特性を実現しました。

タイヤからの入力に際し、実際に動く箇所が重量のあるサスペンションユニットのボディ側ではなく、リンゲージに接続されたインナチューブ側であるため、バネ下重量が減少します。そのため、サスペンションシステムはより機敏に反応する事ができます。
重量のあるサスペンションユニットのボディ側がフレームの中心部、BB付近の低い位置にマウントされるため、バイク自体の重心位置が下がり、操作性が向上します。

また、BB付近はペダリングパワーを受け止めるために剛性強化されており、その部分にユニットを固定することで取り付け剛性が上がり、ユニットのスムーズな動作を助けます。




このように低重心化による操作性と高い剛性の確保、そして驚異的なトラクション性能を誇り多くのレーサー、そして世界王者になるために必要な全てが詰まっています。



Photo BY SCOTT-SRAM HP