エステバン・チャベスはこの素晴らしい2016年シーズンを第110回イル・ロンバルディア勝利と言う偉大な記録で締めくくった!

コロンビア人として初のモニュメント勝者としてその名を歴史に刻んだ。
今日のこの素晴らしい勝利は、ジロ・デ・イタリアとブエルタ・ア・エスパーニャでの2度のグランツール入賞を含む今年の力強い走りのコンディションに続き、そしてパリ~ルーベでのマシュー・ヘイマンの勝利と共に今シーズンオリカ・バイクエクスチェンジに2度目のモニュメント勝利をもたらした。
全長241㎞のレースでチャベスは登坂を支配し、最終の1つ前の登坂セルヴィーノの麓でアタックを仕掛けると、4選手からなる先頭グループが勝利へのバトルを開始した。忍耐力と自信を備えたチャベスは最後の瞬間に3人スプリントから飛び出した。



『イル・ロンバルディアで勝つ事は僕の夢だったんだ。』と勝利の後にチャベスはコメントした。『このレースで勝てたなんて信じられないよ。これはあのモニュメントなんだよ。プロになった時ここ、ベルガモに住んでいたんだ。コースはよく知っていたけど、今日勝てるかどうか自信はあまりなかったよ。ファイナルの石畳で差をつけようとしたんだけどリゴベルト・ウランが後ろにいたから、冷静さを失わないようにしてスプリントに賭けたんだ。スプリントは得意ではないけど、全てを出し切ってのこの結果は最高に嬉しいよ。