【第24回 長崎西海トライアスロンin大島大会 レースレポート】

開催日時 2016年7月24日(日)
開催場所 長崎県西海市大島町

距離 SWIM 1.5km/BIKE 40km/RUN 10km

今年も招待選手としてエリートの部に出場しました。例年よりも開催が1週間遅かった為、九州地方は梅雨明けをしていてとても暑く、レース当日も暑さに苦しめられました。

9時に第1ウエーブがスタート。エリート女子は2分後の第2ウエーブでスタートしました。
スイムコースは湾内を2周半する、途中に上陸してポンツーンからの飛び込みがあったり、スタートとゴールが違う面白いコースです。
スタートはフローティングスタート(水中からのスタート)で、最前列からスタートをしたのですが、エリート女子以外の選手達はウエットスーツを着用していたので、スタートと同時に後ろから出た選手達に乗っかられて沈んでしまい、そこからなかなか抜け出すことができない状況に陥りました。久々に激しいバトルに遭い、沈められるという体験も初めてでした。私は冷静に対処できましたが、実戦に慣れていない人はこういう時にパニックを起こし、それが事故にもつながる可能性もあることを今回身を持って実感しました。スタートは出遅れてしまいましたが、遅れを取り戻すべく追い上げていきました。
長崎西海トライアスロンin大島長崎西海トライアスロンin大島
バイクコースは大島を2周回。アップダウンがあり、コーナーあり、下りもテクニカルで常に集中を必要とするコースです。1年振りのオリンピックディスタンスレースでしたが、昨年よりも実力がレベルアップできているし、良い走りができるだろうから力を出し切ろう!スイムで大きく先行している川口選手との差を縮められるのはこのバイクしかないので、最初から全開でいきました。しかし気負いすぎてしまい、走りは終始力んでいてフォームもバラバラ。良い時の走りと比べると、程遠い走りとなってしまいました。結局川口選手との差は、バイク終了時で40秒まで縮めることができましたが、追いつくことができないまま、ランへ移りました。
長崎西海トライアスロンin大島長崎西海トライアスロンin大島
ランもバイク同様アップダウンコースで、日陰もなく暑く、暑さとの戦いにもなりました。スタートしてから約4キロの最初の折り返しでは、トップを走る川口選手との差はバイク終了時での差と同じくらいでした。バイクでは力んでしまい良い走りができなかったので、ランでは力まずに走ることを心がけました。終盤に差を広げられてしまい、2位でのフィニッシュとなりました。バイクで追いついて、ランで逃げ切るレースはできませんでしたが、オリンピックディスタンスのエリート選手と僅差の勝負ができたことは、評価できる点だと思います。

【リザルト】 スイム バイク ラン
1 川口綾巳 (長崎県) 22:43 1:11:33 42:56
2 酒井絵美 (群馬県) 28:37 1:06:25 43:32
3 淡田優里(長崎県) 29:29 1:12:45 48:24


【第4回 榛名湖リゾートトライアスロンin群馬大会 レースレポート】

開催日時 2016年7月31日(日)
開催場所 群馬県高崎市榛名湖町、県立榛名公園内

距離 SWIM 1.5km/BIKE 40km/RUN 10km

今年も地元群馬県の榛名湖リゾートトライアスロンin群馬大会にゲストアスリートとして参加してきました。
今年で第4回目の開催ですが、第1回大会からゲストアスリートとして出場させていただいています。
関東地方も梅雨明けをしましたが、榛名湖エリアは標高約1000メートルの自然豊かな高原にあり、下界に比べると涼しくて絶好のトライアスロンレース日和となりました。

榛名湖リゾートトライアスロンin群馬榛名湖リゾートトライアスロンin群馬

前週に出場した長崎西海トライアスロン大会後に体調を崩してしまい、レース前日の朝には体調も戻ってレースには影響はありませんでしたが、前半戦ラストのレースということもあって、前半戦の疲労が出てしまった形となりました。標高も高く、コースもハードなことから「日本一過酷で楽しい大会」という評判通り、3種目どれも苦しみましたが、その分フィニッシュした時の達成感は大きく、名前を呼んで応援していただいたりと、何よりも地元でトライアスロンレースを走れる喜びを肌で味わうことができた大会となりました。また今回が初めてのトライアスロン、初めてのオリンピックディスタンスレースという仲間もいました。朝スイムの指導もしてきたので、無事に完泳できるか、完走できるのか心配していましたが、見事完走できたことが嬉しかったです。

榛名湖リゾートトライアスロンin群馬榛名湖リゾートトライアスロンin群馬
これで前半戦が終了となりました。前半戦はロング1レース、ミドル3レース、ショート2レースに出場し、先日に体調を崩してしまいましたが、ケガや故障もなく乗り切ることができました。後半戦は残り2レース、10月2日にアイアンマン台湾、12月4日にアイアンマン西オーストラリアに出場します。2012年を最後にアイアンマンシリーズの転戦をお休みしていましたが、5年振りに2017年のアイアンマン世界選手権の出場権獲得を目指して挑戦します。アイアンマンの転戦は並大抵のことではないし、一年計画で覚悟がいりますが、もう一度トレーニングを積み直して準備して臨みたいと思います。
今後とも応援を宜しくお願い申し上げます。

株式会社ライムメンバーズ 酒井絵美