それは最高で信じ難い瞬間だった。ティボー・ピノがツール・ド・フランス最終ステージ1つ前の山岳ステージ、ラルプデュエズで勝利した。それは痛みと疲労、そして機材トラブルの災難を乗り越えての勝利だった。ピノは数日前のMendeで2位に入賞するまで結果を残せていなかった。しかし勝利への執念がFDJチームリーダーの彼をこの伝説的なステージでナイロ・キンタナに18秒差をつけてのステージ優勝へと導いた。


Thibaut-Pinot: Photo Credits : TDWSport.comThibaut-Pinot: Photo Credits : TDWSport.com

このステージはチームメイトで同じくSCOTTのシューズを着用するアレクサンドル・ジェニエの逃げから始まり、ラルプデュエズへの最終登坂でティボー・ピノが合流した。



Thibaut-Pinot: Photo Credits : TDWSport.comThibaut-Pinot: Photo Credits : TDWSport.com

『この登坂はラスト200mまでが凄く辛かったよ。21あるヘアピンカーブで僕は自分がどこにいるのか分からなくなって、でもゴール前500mで後ろに赤い車を見つけてホッとしたね。ツール・ド・フランスでトップ3に入る事とここでの勝利は全く違った喜びだけど、両手を突き上げてゴールしたこの勝利は特別で絶対に忘れられないよ。この勝利は僕のキャリアの中で最も美しいものだね。僕は今回のツール・ド・フランスで変えたいところは無いね。更に経験を詰めたし、この勝利があるから。』